久留米競輪場(くるめけいりんじょう)は福岡県久留米市にある競輪場。施設所有および主催は久留米市。競技実施はJKA西日本地区本部九州支部。電話投票における競輪場コードは83#。

久留米競輪場
地図
基本情報
所在地 福岡県久留米市野中町2
座標 北緯33度18分2.2秒 東経130度32分38.3秒 / 北緯33.300611度 東経130.543972度 / 33.300611; 130.543972座標: 北緯33度18分2.2秒 東経130度32分38.3秒 / 北緯33.300611度 東経130.543972度 / 33.300611; 130.543972
電話投票 83#
開設 1949年(昭和24年)7月14日
施行者 久留米市
走路 400m
重勝式投票 Kドリームス
公式サイト 久留米競輪場
実況
担当 國武賢治
ナイター競走
愛称 エンジョイスピードパークナイトレース
開催期間 通年
記念競輪
名称 中野カップレース
開催月 6月
テンプレートを表示

概要 編集

久留米競輪場は戦災復興の財源として1,200万円で設置され、1949年春に開設された。同年7月に開催された第1回競輪大会は、6日間で1,700万円を売り上げ建設費を一度に返済した。開設当初は小中学生が車券を購入することから批判されたが、社会科見学として見学会を設けたほか、「大人の娯楽はあるのに子供の娯楽が無いのが原因」として日曜日の芸術文化活動を重視したことで子供の姿は消えた[1]

過去には1991年2016年全日本選抜競輪2003年ふるさとダービー1998年2008年には共同通信社杯競輪が、それぞれ開催された。今後は、2024年4月26日から28日まで第2回のオールガールズクラシックがナイター開催として行われる事になった。

中野浩一が選手時代にホームバンクとしていたことでも有名であり、記念競輪GIII)では彼を称えて『中野カップレース』と名づけられ毎年6月(2011年度は時期移動で2012年2月)に開催されており、優勝者には中野浩一からトロフィーが授与される[2](2008年10月に当地で開催された共同通信社杯競輪でも、当年では記念競輪を開催しないことからサブタイトルに『中野カップレース』の名称が付けられた)。また、FI開催(S級シリーズ)では、現役時代九州の旗頭として君臨した戸上守を称え『戸上守杯』が開催されている。

2011年1月12日の開催よりナイター競走として『エンジョイスピードパークナイトレース』を実施し、また同開催より重勝式投票にあたるKドリームスを発売している。なおナイターの照明設備は開始当初は飯塚オートレース場が夏期開催で使用していた移動式照明機器を共用していたため、夏季開催は日中に行っていたが、2016年よりそれを自前化してナイターを通年開催に移行した。また、2021年11月6日より全国25場目となるミッドナイト競輪を自場で開催している[3](それまでは小倉の施設を借り上げにて実施していた)。

イメージキャラクターは「トッピー」で、それにちなみ『トッピーカップ』が開催されている。また2010年より新キャラクターの「キック」「ラリー」「マシュー」も使用されている。

トータリゼータシステム日本トーターを採用する。

なお熊本競輪場平成28年熊本地震で損壊したことを受け、熊本での開催予定だったFIの一部と同年10月20日からの記念開催は当競輪場にて熊本市主催により代替開催されており、2017年以降の熊本記念も当地にて代替開催されている。

バンク 編集

 
場内の様子

400mを使用している。クセのない標準的なバンクで、脚質による有利不利は少ない。

大画面映像装置は2センター側に設置されている。

アクセス 編集

  • 無料送迎バス 無料送迎バスは本場開催・場外発売日のいずれも、デイ開催の時間帯のみ運行されている。本場ナイター開催であっても、ナイター時間の運行はなされていない。
  • 一般路線バス
    • 西鉄久留米駅より西鉄バス信愛学院行きに乗車、競輪場口下車徒歩10分。

場外車券売場 編集

  • 【サテライト北九州】 - 福岡県飯塚市勢田2442-1 国道200号バイパス沿い
  • 【サテライト久留米】 - 福岡県久留米市梅満町69-1 JR久留米駅から48番バスで、サテライト久留米バス停下車すぐ
  • サテライト中洲】 - 福岡県福岡市博多区中洲3-7-24(会員制) 福岡市営地下鉄空港線「中洲川端駅」直結「gate's」ビル3階

歴代記念競輪優勝者 編集

優勝者 登録地
2002年 神山雄一郎 栃木
2004年 後閑信一 群馬
2005年
2006年 阿部康雄 新潟
2007年 太田真一 埼玉
2009年 菅田壱道 宮城
2010年 小林大介 群馬
2012年2月 武田豊樹 茨城
2012年7月 浅井康太 三重
2013年 池田勇人 埼玉
2014年 坂本亮馬 福岡
2016年 守澤太志 秋田
2017年 長島大介[注 1] 栃木
2018年 浅井康太 三重
2019年 平原康多 埼玉
2020年 清水裕友 山口
2021年 吉田拓矢 茨城
2022年 北津留翼 福岡
2023年 成田和也 福島
2024年
※1節4日間制開催となった、2002年4月以降の歴代記念競輪優勝者を列記。

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 1着で入線した稲垣裕之(京都)の失格による繰り上がり。

出典 編集

外部リンク 編集