メインメニューを開く

坂野 公一(さかの こういち、1970年7月24日[1] - )は日本グラフィックデザイナー装幀家、welle design(ヴェレデザイン)株式会社代表。

さかの こういち
坂野 公一
生誕 (1970-07-24) 1970年7月24日(49歳)
国籍 日本の旗 日本
職業 グラフィックデザイナー装幀家

経歴・人物編集

神戸市に生まれ、西宮市で育つ[2]

1993年神戸芸術工科大学芸術工学部視覚情報デザイン学科卒業 [3]。在学中、杉浦康平の指導を受ける[2]

同年、ソニー株式会社に入社、製品マニュアルを制作するドキュメントデザインセンターに配属となり、エディトリアルデザインを担当する[1][4][5]

1996年、同社を退社、グラフィックデザイナーの杉浦康平に師事し、氏が代表を務める杉浦康平プラスアイズに入社、書籍の装幀デザインを学ぶ[4]

2003年、同社を退社。独立し、welle design株式会社を設立[5]

書籍装幀、ブックデザイン、エディトリアルデザインの全般を手がけ、主に文芸書の装幀で活躍している[3][5]

一般社団法人日本推理作家協会会員。趣味はテレビ・映画観賞で、特撮ものやアニメーションを好む[1]

独立後編集

独立後に初めて手がけたのは、京極夏彦『豆腐小僧双六道中 ふりだし』(講談社)だった。

その後、2003年11月に死去したブックデザイナーの辰巳四郎の仕事を引き継ぐ形で、文芸書、中でもミステリ作品を中心に装幀を担当するようになる[2]

主な装幀作品編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集