前川 裕(まえかわ ゆたか、1951年4月28日[1] - )は、日本の小説家文学者法政大学国際文化学部教授。専門は比較文学アメリカ文学[2]

経歴編集

東京都生まれ。一橋大学法学部法学科卒業、東京大学大学院人文科学研究科比較文学文化専門課程(比較文学専攻)修士課程修了後、博士課程中途退学[1]群馬大学専任講師を経て、法政大学国際文化学部助教授、教授[3]1994年スタンフォード大学アジア言語学部客員教授(Modern Japanese Literature担当)[1]2003年、『怨恨殺人』が第7回日本ミステリー文学大賞新人賞の最終候補となる。2011年、心理サスペンス『クリーピー』(応募時のタイトルは『CREEPY』)で第15回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞(同時受賞に川中大樹『茉莉花(サンパギータ)』)[2]。2012年、同作で本格的に小説家デビューする。

著書編集

小説編集

クリーピー編集

  • クリーピー(2012年2月 光文社 / 2014年3月 光文社文庫
  • クリーピー スクリーチ(2016年4月 光文社文庫)
  • クリーピー クリミナルズ(2018年8月 光文社文庫)

その他の作品編集

  • 人生の不運(2005年2月 文芸社
    • 【改題】深く、濃い闇の中に沈んでいる(2016年8月 文芸社文庫
  • アトロシティー(2013年2月 光文社 / 2015年7月 光文社文庫) 
  • 酷 ハーシュ(2014年2月 新潮社
  • アパリション(2014年5月 光文社 / 2016年10月 光文社文庫)
  • 死屍累々の夜(2015年5月 光文社 / 2017年12月 光文社文庫)
  • イン・ザ・ダーク(2015年7月 新潮社)
  • イアリー 見えない顔(2016年11月 KADOKAWA / 2018年6月 角川文庫
  • 真犯人の貌 川口事件調査報告書(2018年9月 光文社)
  • アウトゼア 未解決事件ファイルの迷宮(2019年6月 光文社文庫)
    • 収録作品:しりょうのふね / 偽装者の顔 / たそがれの通り魔 / みちゆきの夜 / 冤罪の条件
  • コウサツ 刑事課・桔梗里見の囮捜査(2019年8月 KADOKAWA)

英語関連編集

翻訳編集

映像化作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

脚注編集