メインメニューを開く

均子内親王(きんしないしんのう、寛平2年(890年) - 延喜10年2月25日910年4月7日))は、平安時代皇族皇女。父親は宇多天皇(源定省)、母親は藤原温子。藤原温子の一人娘である。後に異母兄である敦慶親王の妃となる。

均子内親王

続柄 宇多天皇皇女
全名 均子(きんし)
出生 寛平2年(890年
死去 延喜10年2月25日910年4月7日
配偶者 敦慶親王
父親 宇多天皇
母親 藤原温子
テンプレートを表示

日本歌物語伊勢物語』には、藤原温子・春澄洽子伊勢藤原高経女と共に和歌の集まりに参加する姿が描かれており、歌人としても名を残している。

関連項目編集