メインメニューを開く

坪井九馬三

坪井九馬三

坪井 九馬三(つぼい くめぞう、安政5年12月12日1859年1月15日) - 1936年1月21日)は、歴史学者、東京帝国大学教授。

目次

経歴編集

摂津国西成郡九条村(現大阪府大阪市西区)に生まれる。

幼少時は僧侶の叔父に教育を受けた。14歳の時父を失う。以後親戚に引き取られた。翌年から大阪開成所で学んだ。17歳の時、東京外国語学校に入学し、翌年卒業し、東京開成学校を受験し入学する[1]。1881年東京帝国大学文学部政治理財学科卒、1885年同理学部応用化学科卒、文学史と理学士の学位を受けた。1883年、在学中から文科大学で史学(欧米史)を講義し、1886年、29歳の時、講師、その後文学部と理学部の教員を兼務した後、史学に専念のため1887年ヨーロッパに留学して、ベルリン大学(1887年10月-1889年8月)、プラハ大学(1889年10月-1890年3月)、ウィーン大学(1890年4月-7月)、チューリッヒ大学(1890年10月-1891年7月)に学び、留学は四年間に及んだ。西洋史学、史学理論を学ぶ。

1891年10月、帰国。翌月、34歳で東京帝国大学文科大学教授となった。1900年、43歳で「歴史地理」の講義を開始した。1899年創立の日本歴史地理研究会(後の日本歴史地理学会)の会員であり、その機関誌『歴史地理』に論文「歴史地理とは何ぞや」を1900年に発表した[2]

1904年文科大学長、1923年定年退官。1924年より國學院大学講師を委嘱される。1936年、老衰のため死去[3]

1900年東京学士会院会員、後に帝国学士院会員。西洋史のみならず、日下寛とともに日本の史料の校訂も行った。

栄典編集

著述編集

  • 論理学講義 演繹法帰納法 酒井清造 1883
  • 論理学入門 岩本米太郎 1887
  • 稿本最近世界史 冨山房 1896
  • 史学研究法 早稲田大学出版部 1903
  • 西洋史要 文学社 1904
  • 西洋歴史地図 文学社 1904
  • 西洋歴史 文学社 1905
  • 東洋歴史地図 文学社 1906
  • 墺匈国と其皇室 冨山房 1914
  • 太平洋の歴史 世界思潮研究会 1922(世界パンフレツト通信)
  • 我が国民国語の曙 京文社 1927
  • 最近政治外交史 冨山房 1927-1929
  • 西洋史概説 白林社 1930
  • 文科大学史誌叢書 坪井九馬三、日下寛校訂 吉川半七等 1897-1913

脚注編集

  1. ^ 岡田俊裕著 『日本地理学人物事典 [近世編 1] 』 原書房 2011年 80ページ
  2. ^ この論文で「歴史地理学は地理学の一部であって、史学に属するものではない。(中略)その任務は、地表面の性質とその変化によって生じる人類の生活状態/社会制度/国家制度の変遷を研究する事にある。そのため、それぞれの地表・地盤を実地研究し、研究地図を作成しなければならない。」と述べている。(岡田俊裕著 『日本地理学人物事典 [近世編 1] 』 原書房 2011年 80-81ページ)
  3. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)181頁
  4. ^ 『官報』第2545号、「叙任及辞令」1891年12月22日。
  5. ^ 『官報』第6148号、「叙任及辞令」1903年12月28日。
  6. ^ 『官報』第1310号・付録、「辞令」1916年12月13日。

関連項目編集