メインメニューを開く

堀口 亘(ほりぐち わたる、(旧姓:松元、1964年4月改姓)、1929年7月14日 - )は、日本の法学者。専門は商法金融商品取引法一橋大学名誉教授。元日本商品先物取引協会会長、元日本私法学会理事。瑞宝中綬章受章。

田中誠二(一橋大学名誉教授)門下。長男は商法学者の堀口勝東洋大学准教授)。指導学生に川村正幸(一橋大学名誉教授)、野田博(一橋大学教授)等がいる。

目次

来歴編集

学歴編集

職歴編集

非常勤編集

  • 青山学院大学経済学部 非常勤講師(1960年4月 - 1983年3月)
  • 青山学院大学法学部 非常勤講師(1977年4月 - 1983年3月)
  • 中央大学法学部 非常勤講師(1966年4月 - 1973年、1993年4月)
  • 東洋大学法学部 非常勤講師(1984年4月 - )
  • 獨協大学法学部 非常勤講師(1992年4月 - )
  • 一橋大学法学部 非常勤講師(1993年4月 - )

他。

学会活動編集

他。

社会的活動編集

同委員会フォローアップ会合委員(1991年11月 - 1992年1月)

ゼミ生編集

指導学生には川村正幸(一橋大学名誉教授)[1]芳賀良横浜国立大学教授)、古山正明長崎大学教授)、品谷篤哉立命館大学教授)[2]野田博(一橋大学教授)[3]布井千博(一橋大学教授)[4]諏訪康雄法政大学名誉教授)[1]土橋正青山学院大学教授)[5]吉田正之新潟大学教授)[6]等がいる。

著作編集

  • 『会社法概論』
  • 『通説手形小切手法』
  • 『ハンドブック証券取引法』
  • 『コンメンタール証券取引法』(田中誠二と共著)
  • 『手形・小切手の法律実務』(岡村勲と共著)

など。

脚注編集