メインメニューを開く

川村 正幸(かわむら まさゆき、1946年 - )は、日本法学者博士(法学)。専門は商法金融法

一橋大学名誉教授駿河台大学第6代学長。法務省司法試験考査委員等も務めた。

目次

人物・来歴編集

1969年(昭和44年)に一橋大学法学部を卒業後、1975年(昭和50年)に一橋大学大学院法学研究科博士後期課程単位修得退学。堀口亘の指導を受けた[1][2]

1975年(昭和50年)に一橋大学助手となる。1977年(昭和52年)から講師助教授を経て、1986年(昭和61年)に法学部教授に就任する。1998年(平成10年) - 2000年(平成12年)に法学部長・法学研究科長となった後、2004年(平成16年)に当時の石弘光一橋大学学長のもとで副学長に就任し国立大学法人への移行などを担った。2004年(平成16年)に一橋大学理事となる。2005年に神田一ツ橋の一橋大学国際企業戦略研究科教授となり、2009年(平成21年)に同大学を定年退職し、名誉教授を授与される。同年に御茶ノ水にある駿河台大学大学院法務研究科教授となり、2011年(平成23年)より駿河台大学学長を務める。

会社法金融商品取引法銀行法手形法などを専攻分野として教育・研究に従事した。

また、1995年(平成7年)に学位論文『手形抗弁の基礎理論』で一橋大学から博士(法学)を授与されるなど、手形・小切手法の第一人者となる。

この間に、日本海法学会理事、日本私法学会理事、金融法学会理事を歴任した。また、1995(平成7年) - 1997年(平成9年)に公認会計士試験委員、1997(平成9年) - 2002年(平成14年)に司法試験考査委員に就任した他、大学評価・学位授与機構専門委員、大学設置・学校法人審議会専門委員、中央教育審議会専門委員となり、2004(平成16年) - 2005年(平成17年)に法科大学院協会副理事長を務めた。主に専門職大学院設置に関する委員として政府等で活動した。2017年度司法試験考査委員。

著書編集

単著編集

  • 『手形小切手法』法研出版、1990年/第2版、2007年
  • 『手形抗弁の基礎理論』弘文堂、1994年
  • 『手形・小切手法』新世社、1996年/第3版、2005年

共編著編集

  • 『手形・小切手法』田中誠二・川村正幸共著、千倉書房、1988年
  • 『現代商法』梶山純・川村正幸編著、中央経済社、1992年/第8版、2003年
  • 『商法』田中誠二・堀口亘・川村正幸共著、千倉書房、2000年
  • 『新しい会社法制の理論と実務』川村正幸・布井千博編、経済法令研究会、2006年
  • 『金融商品取引法』川村正幸編、中央経済社 、2008年/第2版、2009年
  • 『テキストブック金融商品取引法』川村正幸編、中央経済社、2009年

監修編集

  • 『金融商品取引法Q&A』本多広和・服部誠編著、銀行研修社、2006年
  • 『登録金融機関のための金融商品取引の実務対応Q&A』畠山久志・田中和明編、清文社、2008年

脚注編集

外部リンク編集

先代:
成田憲彦
駿河台大学学長
第6代:2011年 -2015年
次代:
吉田恒雄