堤 精二(つつみ せいじ、1927年2月27日 -2017年11月7日[1])は、日本の国文学者お茶の水女子大学名誉教授。日本近世文学、特に井原西鶴が専門。息子に堤玄太がいる。

略歴編集

  • 1927年(昭和2年)2月27日 東京市小石川区(現在の東京都文京区)に生まれる。
  • 1945年(昭和20年)3月 都立上野中学校(現在の東京都立上野高等学校)卒業。
  • 1948年(昭和23年)3月 松本高等学校(現在の信州大学)文科乙類卒業。
  • 1952年(昭和27年)3月 東京大学文学部国語国文学科卒業。
  • 1952年(昭和27年)4月 同大学文学部助手。
  • 1956年(昭和31年)4月 お茶の水女子大学文教育学部専任講師。
  • 1961年(昭和36年)1月 同大学助教授。
  • 1969年(昭和44年)6月 同大学教授。
  • 1992年(平成4年)3月 同大学停年退官。
  • 1992年(平成4年)4月 同大学名誉教授。放送大学教授。
  • 1997年(平成9年)3月 放送大学定年退職。
  • 2006年(平成18年)4月 瑞宝中綬章受章。

人物編集

  • 北杜夫著『どくとるマンボウ青春記』には、二人の「T」が登場するが、一人は辻邦生、もう一人が堤精二である。
  • 松本高校在学時代は蹴球ばかりしていて一年留年した。松本高校の体育教師は彼に97点という成績をつけたが、これはこの教師が松本高校で教えていた期間中最高の点数だったという。

著作編集

論文編集

編集