メインメニューを開く

松田 修(まつだ おさむ、1927年10月1日 - 2004年2月6日)は、国文学者文芸評論家国文学研究資料館名誉教授近世文学専攻。

経歴編集

京都大学卒業、同大学院に学ぶ。福岡女子大学助教授を経て、国文学研究資料館教授、法政大学教授を務めた。井原西鶴の研究から始まり、芸能史、民俗学の知見を踏まえ、近世文化における闇の部分を評論家的な筆致で論じ、広末保とともに影響を与えた。映画論も書いた。著作集全8巻がある。

教え子編集

著書編集

  • 『日本近世文学の成立 異端の系譜』(法政大学出版局、1963年)
  • 『刺青・性・死 逆光の日本美』(平凡社、1972年)
  • 『日本の旅人10 十返舎一九 東海道中膝栗毛』(淡交社、1973年)
  • 『日本芸能史論考』(法政大学出版局、1974年)
  • 『闇のユートピア』(新潮社、1975年)
  • 『蔭の文化史』(集英社、1976年)
  • 『映像の無頼たち 映画論集』(劇書房、1977年)
  • 『日本逃亡幻譚 補陀落世界への旅』(朝日新聞社、1978年)
  • 『非在への架橋 文芸評論集』(講談社、1978年)
  • 『闇をうつす映画館 松田修の銀幕評論』(ブロンズ社、1979年)
  • 『日本芸文の光と闇 対談集』(第三文明社、1980年)
  • 『日本の異端文学』(講談社、1980年)
  • 『「方丈記」を読む』馬場あき子 (講談社、1980年/のち講談社学術文庫
  • 『複眼の視座 日本近世史の虚と実』(角川選書、1981年)
  • 『闇のユートピア』(新版)(白水社、1982年)
  • 『日本刺青論』(青弓社、1989年)
  • 『日本的聖性の機械学』(思潮社、1989年)
  • 『江戸異端文学ノート』(青土社、1993年)
  • 『異形者の力』(青玄社、1994年)
  • 松田修著作集』全8巻 (右文書院、2002年 - 2003年)

編著編集

  • 『証言 佐世保'68・1・21』(創言社、1968年)
  • 『講座日本文学 西鶴』(堤精二共編 至文堂、1978年)
  • 『日本文学新史 近世』(至文堂、1986年)

校注等編集