メインメニューを開く

塩川徹也

塩川 徹也(しおかわ てつや、1945年10月19日 - )は、日本のフランス文学者東京大学名誉教授、日本学士院会員。パスカルを専門とする。

塩川浩子はフランス文学者で、江口朴郎の三女[1]

目次

略歴編集

福岡県生まれ。1968年東京大学教養学部教養学科フランス分科卒業、同大学院人文科学研究科仏語仏文学専門課程修士課程入学、1971年パリ第4大学修士課程修了、1975年同博士課程修了(第3期課程博士取得)、1976年京都大学教養部助教授、1980年東京大学文学部助教授、1993年教授、1995年東京大学大学院人文社会系研究科教授、2009年定年退任、名誉教授。2009年12月日本学士院会員に選出。2017年1月、皇居正殿での講書始で「人は今を生きることができるか―パスカルの時間論」を講義。 

受賞歴編集

著書編集

  • 『パスカル 奇蹟と表徴』岩波書店、1985
  • 『虹と秘蹟 パスカル<見えないもの>の認識』岩波書店、1993
  • 『パスカル『パンセ』を読む』岩波書店〈岩波セミナーブックス〉、2001。新装改訂版〈岩波人文書セレクション〉、2014
  • 『パスカル考』岩波書店、2003
  • 『発見術としての学問』岩波書店、2010

共編著編集

  • フランス文学 中世から現代まで 放送大学教育振興会 1994
  • フランス文学史 田村毅共編 東京大学出版会 1995
  • フランスの文学 17世紀から現代まで 渡辺守章共編 放送大学教育振興会 1998

翻訳編集

論文編集

参考編集

編集

  1. ^ 佐藤朝泰『閨閥 日本のニュー・エスタブリッシュメント』470p