増岡 義教(ますおか よしのり)は、日本の元アマチュア野球選手(投手)。

増岡 義教
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県明石市
生年月日 1949年
身長
体重
168 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

八尾高等学校では、1967年夏の甲子園府予選準々決勝に進むが近大付高に完封負け。同志社大学に進学。当時の関西六大学野球リーグは、エース山口高志を擁する関大の全盛期であったが、1971年春季リーグでは10勝を記録し優勝を飾る。

卒業後は 三菱重工神戸に入社、パームボールを武器に活躍する。1974年社会人野球日本選手権では準々決勝に進み、国鉄四国落合登と投手戦を展開するが、0-1で9回サヨナラ負けを喫する[1]。同大会の優秀選手賞を獲得。1976年都市対抗でも準決勝に進出。しかし日本鋼管に延長10回敗退[2]。同年のアマチュア野球世界選手権日本代表となる。1977年都市対抗神戸製鋼に補強され出場。登記欣也との二本柱で勝ち進み、決勝では熊谷組を完封、初優勝を飾った[2]。同大会の橋戸賞を獲得し、インターコンチネンタルカップ日本代表、社会人ベストナインにも選出されるが、同年限りで引退。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「日本社会人野球協会会報1974」日本社会人野球協会 1975年
  2. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目編集