増川宏一

増川 宏一(ますかわ こういち、1930年昭和5年) - )は、日本の遊戯研究家。遊戯史学会会長、大英博物館リーディングルーム登録者、国際チェス史研究グループ会員、チェス史研究支援財団名誉会員、元将棋博物館顧問(現在は閉館)。『賭博』『さいころ』『遊戯』などの著者がある。

目次

経歴編集

長崎県生まれ。旧制甲南高等学校(現在の甲南大学の前身)を卒業。

増川が盤上遊戯の研究を始めたきっかけは旧制中学時代にさかのぼる[1]。中学で先輩に呼び出され、「我が校の本分は遊ぶことである」といわれたことがきっかけだと述べている。

30歳のときに勤務先を退社、賭博などの遊戯史の研究に専念する。チェス史の研究で1973年にはベルリンのペルガモン博物館の研究所を訪問している[2]

大学などで役職に登用されたことはない自主研究者である。遊技の歴史研究等について著書を発表している。

日本将棋連盟より、2004年「将棋の日」感謝状、2010年から将棋歴史文化アドバイザーに。2014年第21回大山康晴賞を授賞された。

他に、2005年、第17回将棋ペンクラブ大賞特別賞を受賞。

おもな業績編集

歴史資料の確認による従来の「囲碁史」「将棋史」の批判編集

江戸時代の家元等の過大な自称等により伝えられてきた内容を元にした「囲碁史」「将棋史」を批判し、信頼性のある同時代資料を元にした批判的な研究を、ほぼ独力で行った。

大橋家文書編集

江戸時代に将棋の名人家であった大橋家に残されていた文書(大橋家文書)を解説した。

将棋所」は名人家が名乗っていた称号であり、幕府への提出書類で「将棋所」と名乗ったところ、公式な役職ではないと差し戻されたこともわかっている。また、幕府から名人家に与えられた扶持はわずかなもので、扶持と将棋関連の仕事だけでは生活していくことができず、賃貸などの副業で糧を得ていたこともわかっている。

また、日本将棋連盟は慶長17年(1612年)に初代大橋宗桂が、初代名人・将棋所となったとしているが、増川は、この時期には、「名人」「将棋所」いずれの名称もまだ存在していないとしている。

将棋の南方伝来ルート編集

増川は、将棋の伝来ルートについて東南アジア経由での伝来説を提唱している。

インドで生まれたチャトランガが将棋の原型であることは定説となっている。

現存する最古の資料としては11世紀中頃の興福寺境内跡からの出土駒などがあるが、増川はこれらにごく近い時期、11世紀に、海のシルクロード沿いに東南アジアを経由して、将棋が日本に伝来したという説を立てている。

北宋時代の中国の遺跡からシャンチーの駒が見つかっており、シャンチーと将棋ではルールに大きな差異があることを根拠に、中国大陸からの伝来説を否定している。 そして、タイの将棋であるマークルックを日本の将棋と同一のルールであると主張し、マークルックが海岸沿いに日本に伝来して変化したものが将棋となった、としている。

将棋の日本伝来年代についての対立編集

前述したように、増川は将棋の伝来を10~11世紀とした。これに対し、将棋棋士の木村義徳などは、マークルックは持ち駒使用がなく、かつ、ルア、コーン、マー、メットが成ることもないことから、マークルックはむしろチェスやチャトランガに近く、日本将棋とは異なるルールであり、日本将棋の起源とはやや考えにくいとしている。増川の説よりも早い時期、おそらく6世紀には中国大陸経由で日本に将棋が到達していたと予想。インドを中心にヨーロッパから日本までほぼ同じ形の将棋の原型が広まっていったと考えている。

増川はこの6世紀説に対し、著書『将棋の駒はなぜ40枚か』(ISBN 4-08-720019-1) 『ものと人間の文化史 チェス』(ISBN 4-588-21101-3)などで激しく批判している。 木村も著書『持駒使用の謎』(ISBN 4-8197-0067-7) で、増川の批判に対し再論証をおこなっており、論争の行方には決着はまったくついていない。

なおこの増川の木村に対する批判の中で、増川の曲解に基づく行きすぎた暴言があり、著しく木村義徳氏の名誉を傷つけたとして、「将棋世界」2006年9月号にて増川の名で木村に対する謝罪広告文が出された。

世界における将棋の起源編集

前述の通り、世界における将棋の起源は、インドに伝わるチャトランガであるとされているが、4人制と2人制のどちらが先に発生したか、20世紀を通じて論争となっていた。

最初1970年代には増川は4人制起源説を主張していた(1977年『ものと人間の文化史 将棋』)が、その後の研究により4人制起源説に疑問が持たれ始め、2000年代には2人制起源説に傾き(2003年『ものと人間の文化史 チェス』)、2006年には自説を改めて2人制が起源であると断定した[3]

著書編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 東京新聞 土曜訪問 2005年4月23日、読売新聞「生老病死の旅路」2007年1月23日
  2. ^ 読売新聞「生老病死の旅路」2007年1月23日
  3. ^ 2006年12月の遊戯史学会での講演で発表した。読売新聞「なるほど囲碁・将棋」2007年1月15日にも掲載されている。
  4. ^ 「遊戯」 増川 宏一さん : 著者来店 : 本よみうり堂 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

外部リンク編集