外山 義(とやま ただし、1950年4月22日 - 2002年11月9日)は、日本の建築家、建築学者。専門は建築計画学環境心理学高齢者環境岡山県生まれ。

東北大学工学部建築学科卒業。1982年から1989年まで、スウェーデン王立工科大学に留学。論文「Identity and Milieu」をまとめPh.D博士号)を取得。帰国後、病院管理研究所(後の国立医療・病院管理研究所)の主任研究員として、高齢者のケアと住環境を研究する。国立医療・病院管理研究所地域医療施設計画研究室室長だった1990年には、「高齢者の自我同一性と環境-生活拠点移動による環境適応に関する研究」で日本建築学会奨励賞(論文)を受賞。

東北大学大学院工学研究科助教授(1996年-)を経て、1998年、京都大学大学院工学研究科環境地球工学専攻居住空間学講座教授。相部屋が基本だった特別養護老人ホームに、「個室」によるユニットケアグループホームの制度化を推進した。秋田県鷹巣町(現・北秋田市)にある「ケアタウンたかのす」が、個室によるユニットケアの実例としてある。2002年に52歳で急逝する。

代表作品編集

  • 特別養護老人ホーム おらはうす宇奈月 (富山県下新川郡宇奈月町(現黒部市)、1994年)日本医療福祉建築賞受賞 1996
  • 痴呆性高齢者グループホーム 炉端の家 (岡山県笠岡市、1996年)
  • 痴呆性高齢者グループホーム こもれびの家 (宮城県名取市、1997年)
  • 特別養護老人ホーム ウェルポート鹿嶋の郷 (茨城県鹿嶋市、1998年)
  • 老人保健施設 ケアタウンたかのす (秋田県北秋田郡鷹巣町(現北秋田市)、1998年)医療福祉建築賞受賞 2000
  • 痴呆性高齢者グループホーム いわうちわの里 (富山県下新川郡宇奈月町(現黒部市)、1999年)
  • 特別養護老人ホーム 風の村 (千葉県八街市、2000年)千葉県建築文化賞受賞 2001
  • デイケアセンター併設型痴呆性高齢者グループホーム ならのは倶楽部 (奈良県奈良市、2000年)医療福祉建築賞受賞 2001
  • 特別養護老人ホーム けまきらく苑 + グループホーム いなの家 (兵庫県尼崎市、2001年)医療福祉建築賞受賞 2002
  • グループホーム ぼだいじ (滋賀県甲賀郡甲西町(現湖南市)、2002年)
  • 有吉病院 (福岡県鞍手郡宮田町(現宮若市)、2002年)
  • 養護老人ホーム もろび苑 (秋田県北秋田郡阿仁町(現北秋田市)、2002年)
  • 特別養護老人ホーム ゆうらく (鳥取県西伯郡西伯町(現南部町)、2003年)医療福祉建築賞受賞 2005

著書編集

  • 『クリッパンの老人たち-スウェーデンの高齢者ケア』(ドメス出版)1990/09 ISBN 9784810703054
  • 『ストックホルムの建築』(丸善)1991/11 ISBN 9784621036501
  • 『グループホーム読本-痴呆性高齢者ケアの切り札』(ミネルヴァ書房)2000/03 ISBN 9784623032181
  • 『自宅でない在宅-高齢者の生活空間』(医学書院)2003/07 ISBN 9784260332910