多摩カントリークラブ

多摩カントリークラブ(カントリークラブ)は、東京都稲城市坂浜に広がるゴルフ場である。

多摩カントリークラブ
多摩カントリークラブ
多摩カントリークラブの空中写真。
北西側に隣接するゴルフ場は米軍施設のTama Hills Golf Course。
2019年10月13日撮影。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。
所在地 日本の旗 日本
東京都稲城市坂浜3360番地
座標: 北緯35度37分59.51秒 東経139度28分48.51秒 / 北緯35.6331972度 東経139.4801417度 / 35.6331972; 139.4801417
Nuvola apps kolf.svg 概要
開業 1962年昭和37年)8月4日
運営 メンバーシップコース
設計 安田 幸吉
運営者 株式会社多摩カントリー倶楽部
Nuvola apps kolf.svg コース

OUTコース INコース
HOLE PAR YARD HOLE PAR YARD
1 4 424 1 5 510
2 3 211 2 4 350
3 4 333 3 3 174
4 4 433 4 4 353
5 5 531 5 4 442
6 3 151 6 4 428
7 5 507 7 3 187
8 4 440 8 5 609
9 4 325 9 4 354
36 3355 36 3407

Nuvola apps kolf.svg その他
テンプレートを表示

概要編集

多摩カントリークラブは、東京都稲城市多摩市八王子市など多摩丘陵、「多摩ニュータウン」の東側にある[1]1958年(昭和33年)春、新たなゴルフ場の建設に向けて、「多摩ゴルフ倶楽部」が設立された[1]。ゴルフ場建設用地の買収は進まず、工事着工においても土地を取得出来ず行き詰まった[1]

1960年(昭和35年)2月28日、丸正産業・曽谷正と月光真珠・中田実らが中心となり、新たな「株式会社多摩カントリー倶楽部」を設立した[1]。多摩ゴルフ倶楽部の全てを継承し、曽谷正の「会員のカネは使わない」の方針で、資本金役員出資した[1]1960年(昭和35年)12月、ゴルフ場の建設用地問題は解決し、新たに会員募集を行い、曽谷正が私財を投じた[1]

コースの設計は安田幸吉に依頼、コースの施工は株式会社奥村組が行い、1961年(昭和36年)10月、インコース(現・アウトコース)9ホールが完成し、仮開場した[1]。翌1962年(昭和37年)8月4日、アウトコース(現・インコース)が完成し、18ホール、6,530ヤード、パー72のコースが正式開場された[1]。安田幸吉は後に、「山コースにしては面白いコースができた」と語った[1]

コースは、開場当時はトリッキーなホールもあったが、改良を重ねたことで戦略的な丘陵コースになっている[2][3]1976年(昭和51年)5月、サム・スニードVS.中村寅吉TVマッチが開催されている[2]

所在地編集

〒206-0822 東京都稲城市坂浜3360番地

コース情報編集

  • 開場日 - 1962年8月4日
  • 設計者 - 安田 幸吉
  • 面積 - 480,000m2(約13.6万坪)
  • コースタイプ - 丘陵コース
  • コース - ヤード、18ホールズ、パー72、ヤード、コースレート71.2
  • グリーン - 2グリーン、ベント(ペンクロス)・コーライ
  • フェアウェイ - ベント
  • ラフ - ノシバ
  • プレースタイル - 乗用カート(5人乗り)全組キャディ付き
  • 練習場 - 打席7、60ヤード
  • 休場日 - 12月31日、1月1日[4][5]

クラブ情報編集

交通アクセス編集

エピソード編集

  • 1958年昭和33年)、「多摩ゴルフ倶楽部」社長・浅野欣也は会員募集を行い、1口30万円で7千万円で集めたが、ゴルフ場用地を1坪も手に入れられなかった[9]
  • 1960年(昭和35年)、「多摩カントリー倶楽部」社長・曽谷正は会員募集を行い、1口50万円、60万円で集め、不足分は曽谷正が私財を投じた[9]
  • 「多摩カントリークラブ」は、距離の短いホールがあるが、第2打以降は上級のテクニックを求められるコースである[9]
  • 初期のクラブハウスは、表玄関は平屋建てだが、コース側から見ると3階建てのユニークデザインである[9]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 『美しい日本のゴルフコース BEAUTIFUL GOLF CULTURE IN JAPAN 日本のゴルフ110年記念 ゴルフは日本の新しい伝統文化である』、ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編、東京 ゴルフダイジェスト社、2013年12月、2021年2月7日閲覧
  2. ^ a b 「多摩カントリークラブ」、ゴルフ場グループ歴史・沿革、2020年7月4日閲覧
  3. ^ 「多摩カントリークラブ」、ゴルフ場詳細、2020年7月4日閲覧
  4. ^ 「多摩カントリークラブ」、コースガイド、2020年7月4日閲覧
  5. ^ 「多摩カントリークラブ」、ゴルフ場詳細、2020年7月4日閲覧
  6. ^ 「多摩カントリークラブ」、施設案内、2020年7月4日閲覧
  7. ^ 「多摩カントリークラブ」、ゴルフホトライン、2020年7月4日閲覧
  8. ^ 「多摩カントリークラブ」、アクセス、2020年7月日閲覧
  9. ^ a b c d 『美しい日本のゴルフコース BEAUTIFUL GOLF CULTURE IN JAPAN 日本のゴルフ110年記念 ゴルフは日本の新しい伝統文化である』、ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編、東京 ゴルフダイジェスト社、2013年12月、2021年2月7日閲覧

関連文献編集

  • 『ゴルフ場ガイド 東版』2006-2007、「多摩カントリークラブ(東京都)」、東京 ゴルフダイジェスト社、2006年5月、2020年7月3日閲覧
  • 『美しい日本のゴルフコース BEAUTIFUL GOLF CULTURE IN JAPAN 日本のゴルフ110年記念 ゴルフは日本の新しい伝統文化である』、ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編、東京 ゴルフダイジェスト社、2013年12月、2020年7月3日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集