メインメニューを開く

合資会社多良間海運(たらまかいうん)は、沖縄県宮古島市平良に本社を置く第三セクター[4][5]の海運会社である。

合資会社 多良間海運
種類 合資会社
本社所在地 日本の旗 日本
906-0013
沖縄県宮古島市平良字下里108-11[1]
業種 海運業
法人番号 2360003005256
代表者 伊良皆 光夫(代表社員)[2][注 1]
外部リンク http://www.taramakaiun.com/
テンプレートを表示
フェリーたらまゆう(宮古島沖にて)
フェリーたらまゆう(多良間島・多良間港普天間地区)

概要編集

宮古島平良港多良間島多良間港普天間地区(普天間港)又は前泊地区(前泊港)との間で、一般旅客定期航路(フェリー)を運航している[1]

平良港 - 多良間港間で定期航路を運航するのは当社のみであるが、かつては八月踊りの期間中、宮古フェリー2015年伊良部大橋の開通に伴い解散)が同区間で旅客船を臨時運航していた[6]。また、石垣市に本社を置く安栄観光八重山観光フェリー石垣島ドリーム観光が、八月踊りの期間中、石垣港 - 多良間港間で臨時便を運航している[7]

保有船舶編集

カーフェリー
  • フェリーたらまゆう
    • 総トン数:457トン
    • 全長:64.95m、幅:11.6m
    • 出力:5,000馬力
    • 最高速力:18.06ノッ
    • 航海速力:17.2ノット
    • 旅客定員:150名(臨時定員:250名)
    • 車両搭載数:乗用車換算5台、8tトラック換算6台[8][9][10][11]
三保造船所建造。沖縄県離島海運振興所有[10][11]
2007年(平成19年)7月竣工・7月25日就航。本船の就航により、平良港 - 多良間港間の所要時間が約30分短縮された。乗用車23台、または、大型車6台と乗用車5台を搭載可能。船内はバリアフリー構造とされている[10][11]
フェリーたらまゆうは2018年時点で導入から11年が経過しているため、2021年度の就航を目途に総トン数 499トンの新造船の建造が検討されている。新造船は、離島航路安定化支援事業の補助を受けて多良間村が建造・ 所有する方針で、総事業費は19億円を見込んでいる。多良間海運は11年間にわたりそのリースを受け、運航を行う[3]

かつての保有船舶編集

  • フェリーたらま
    • 総トン数:324トン
    • 全長:54.3m、幅:10.4m
    • 出力:2,800馬力
    • 最高速力:16.3ノット
    • 航海速力:15ノット
    • 旅客定員:150名
    • 車両搭載数:乗用車換算23台またはトラック換算7台[8][12]
1982年(昭和57年)12月進水[12]1983年(昭和58年)2月就航。臼杵造船所建造。「フェリーたらまゆう」の就航にともない、2007年(平成19年)7月25日の運航を以て退役[11]フィリピンに売却[8]

航路編集

一般旅客定期航路
  • 平良港 - 多良間港普天間地区(普天間港)/前泊地区(前泊港)[1]
    • 1日1往復(日曜日運休) ※牛の競りある日はダイヤが変更される[1]
    • 距離:62km[1]
    • 所要時間:約125分[1]
    • 季節や天候などにより、島の南東部の普天間地区(普天間港)か北部の前泊地区(前泊港)のいずれかに発着する[13]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 多良間村長が代表社員を務めている[3]

出典編集

  1. ^ a b c d e f 多良間海運
  2. ^ 会員一覧 一般社団法人 沖縄旅客船協会
  3. ^ a b “多良間開運建造検討委 総事業費19億円見込む”. 宮古新報. (2018年11月16日). http://miyakoshinpo.com/news.cgi?no=20425&continue=on 
  4. ^ 離島航路補助制度改善検討会 1.補助航路の状況について (PDF) 国土交通省
  5. ^ “【特集】新年号 多良間”. 宮古毎日新聞. (2015年1月1日). http://www.miyakomainichi.com/2015/01/71163/ 
  6. ^ 多良間島の紹介、詳細2ページ目 あずさ書店
  7. ^ 片平宣統 (2017年9月25日). “石垣から多良間へ直行船の旅”. しまじまサプリ. 竹富町 移住応援プロジェクト 事務局. 2018年11月18日閲覧。
  8. ^ a b c 『日本のカーフェリー -その揺籃から今日まで-』(世界の艦船 別冊) - 海人社(2009年3月発行) JANコード 4910056040393
  9. ^ 『フェリーたらまゆう』主要目 (PDF) 多良間海運
  10. ^ a b c 新造船が入港/多良間海運「フェリーたらまゆう」今月末から就航 - ウェイバックマシン(2007年8月18日アーカイブ分) - 宮古毎日新聞 2007年7月6日
  11. ^ a b c d 広報たらま 平成19年6・7月号 (PDF) 多良間村
  12. ^ a b 離島航路の現況3 内閣府沖縄総合事務局
  13. ^ “前泊港浮き桟橋が完成/多良間”. 宮古毎日新聞. (2015年5月1日). http://www.miyakomainichi.com/2015/05/75441/ 

関連項目編集

外部リンク編集