メインメニューを開く

大串 章(おおぐし あきら、1937年昭和12年)11月6日 - )は佐賀県出身の俳人。嬉野町(現、嬉野市)生まれ。若い頃より文学に関心を持ち、1950年、「毎日中学生新聞」にて俳句等を投稿していた。1958年に京都大学経済学部に入学、俳句同人誌「青炎」や「京大俳句会」に参加。大学卒業後は日本鋼管(現JFEスチール)に就職。1959年、大野林火主宰の「」に参加。1994年、「百鳥」を創刊し、主宰。

1978年、句集『朝の風』で第2回俳人協会新人賞、1994年、『現代俳句の山河』で第9回俳人協会評論賞、2005年、句集『大地』で第45回俳人協会賞を受賞。2002年より俳人協会理事、2017年より会長。NHK学園「俳句春秋」選者を務め、NHKの俳句番組に度々出演。その他、朝日新聞東京新聞愛媛新聞の俳壇選者なども務める。

代表句に「野遊びの終り太平洋に出づ」(『百鳥』)などがある。俳句を叙情を盛る器として捉え、具象的、かつ人間性に基づく抒情性の高い俳風である。明るさとおおらかさのある叙景句にも長ける。飯田龍太は「常凡をおそれぬ恒心の確かさ」と評し、大野林火は『朝の舟』を評し純粋さと透明さ、詩精神の高さを指摘した(『現代俳句大事典』「大串章」より)。

著書編集

句集編集

  • 朝の舟(1978年)
  • 山童記(1984年)
  • 百鳥(1991年)
  • 天風(1999年)
  • 大地(2005年)
  • 山河(2009年)

俳書編集

  • 現代俳句の山河(1994年)
  • 抒情の曠野(1997年)
  • 自由に楽しむ俳句(1999年)
  • 千里同風(2004年)
  • 俳句とともに(2014年)

参考文献編集

外部リンク編集