メインメニューを開く

大久保 利和(おおくぼ としなか、1859年8月5日(安政6年7月7日)- 1945年昭和20年)1月20日[1])は、日本の実業家政治家華族貴族院侯爵議員。通称・彦熊[2]、彦之進[1]

経歴編集

薩摩国鹿児島郡鹿児島城下で、大久保正助(利通)と満寿子夫妻の長男として生まれる[1][2][3]。明治4年(1871年岩倉使節団に随行して渡米し、普通学研修のためフィラデルフィアの中学校に入学[2][4][5]1874年に帰国して開成学校に入学した[2][3][5]

1878年、父・利通の勲功により華族に列し[2]1884年7月7日に侯爵を叙爵[6]1885年大蔵権少書記官となり、さらに大蔵省主計官を務めた[7]1890年2月、帝国議会開設に伴い貴族院侯爵議員に就任した[7]

1878年10月、東京 – 青森間の鉄道建設計画に参加し、また1881年11月に岩倉具視らと日本初の私鉄・日本鉄道を設立[3]。その後、甲武鉄道の副社長、社長を務めた[3]1894年、沖縄鉄道を出願したが資金難で実現しなかった[3]

1928年6月5日に隠居し[8]、貴族院侯爵議員の資格を失い[9]家督は弟の利武が同月15日に相続した[10]

栄典編集

編著編集

共編『大久保利通文書 第1-10』〈日本史籍協会叢書〉日本史籍協会、1927年。

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『平成新修旧華族家系大成』上巻、276-277頁。
  2. ^ a b c d e 『明治時代史大辞典 第一巻』319頁。
  3. ^ a b c d e 『鉄道史人物事典』83頁。
  4. ^ 『海を越えた日本人名事典』新訂増補、164頁。
  5. ^ a b 『大久保家秘蔵写真』36頁。
  6. ^ 『官報』第307号、明治17年7月8日。
  7. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』14頁。
  8. ^ 『官報』第433号、昭和3年6月8日。
  9. ^ 『官報』第434号、昭和3年6月9日。
  10. ^ 『官報』第440号、昭和3年6月16日。
  11. ^ 『官報』第1943号「叙任及辞令」1889年12月18日。
  12. ^ 『官報』第205号・付録「辞令」1913年4月9日。
  13. ^ 『官報』第565号「叙任及辞令」1914年6月19日。

参考文献編集

  • 大久保利泰監修『大久保家秘蔵写真 大久保利通とその一族』国書刊行会、2013年。
  • 鉄道史学会編『鉄道史人物事典』日本経済評論社、2013年。
  • 宮地正人・佐藤能丸・櫻井良樹編『明治時代史大辞典 第一巻』吉川弘文館、2011年。
  • 富田仁編『海を越えた日本人名事典』新訂増補、日外アソシエーツ、2005年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第4版、1915年。


日本の爵位
先代:
叙爵
侯爵
大久保(利通)家初代
1884年 - 1928年
次代:
大久保利武