Shigeno Yasutsugu.jpg

重野 安繹(しげの やすつぐ、1827年11月24日文政10年10月6日) - 1910年明治43年)12月6日)は江戸時代末期から明治初期に活躍した漢学者歴史家。日本で最初に実証主義を提唱した日本歴史学研究の泰斗、また日本最初の文学博士通称は厚之丞。は子徳、は成斎、曙戒軒鞭。安繹は「あんえき」とも[1]

目次

生涯編集

薩摩国鹿児島郡鹿児島近在坂元村生まれ。

1839年天保10年)、薩摩藩藩校造士館に入学。1848年嘉永元年)、江戸昌平黌の生徒になり、塩谷宕陰安井息軒などの教えを受ける。1857年(安政3年)に薩摩に帰国するが、同僚の金の使い込みにより奄美大島遠島処分にされ、その先で西郷隆盛と出会った。1863年文久3年)に赦免されて薩摩に戻り、翌1864年元治元年)に造士館史局主任に就任、島津久光の命により『皇朝世鑑』を著す。

岩下方平らとともに薩英戦争の戦後処理に辣腕を発揮し維新後は外務職を勧められたが学界に進んだ。1868年(明治元年)に大坂に移り、私塾成達書院を開いた。成達書院の門下生に岩崎弥之助がいる。

1871年(明治4年)に上京し、1875年(明治8年)以降太政官正院修史局・修史館にて修史事業に関わった。1879年(明治11年)、帝国学士院会員。1881年(明治14年)、『大日本編年史』編纂に参加した。清代考証学派に範をとる歴史学方法論を主張、これに基づき児島高徳の実在や楠木正成の逸話を否定し「抹殺博士」の異名をとった。しかしこのような主張は川田剛国学系・水戸学系歴史学者との対立を激化させ、のちの久米邦武筆禍事件の原因の一つとなった。1888年(明治21年)、帝国大学文科大学(のちの東京帝国大学文学部)教授に就任、その翌年には「史学会」初代会長に就任。

この間、1879年(明治12年)の東京学士会院創設とともに会員となり、漢文訓読を廃し音読による中国語教育の水準向上を主張した。また同年来日した清国の洋務派知識人の王韜との交遊を契機に、翌年結成された日本最初の本格的アジア主義団体・興亜会に参加した。

1889年(明治22年)近代実証史学の立場から『赤穂義士実話』を著す。それまであった赤穂浪士寺坂信行逃亡説の証拠を論破し、逆に彼が討入に参加した証となる史料を提示した。それ以来、寺坂逃亡説は口にする者が減ったとされる。

1890年(明治23年)、星野恒久米邦武と共に『国史眼』を執筆。同年9月29日には貴族院勅撰議員となった[2]。しかし1892年(明治25年)の久米邦武筆禍事件の影響で重野は翌年に帝大教授を辞職、修史事業も中止された。

1902年(明治35年)3月24日、錦鶏間祗候となる[3]。1910年(明治43年)、83歳で没。墓所は東京都台東区谷中霊園

養女の尚は大久保利通長男利和に嫁ぐ。

著書に、『成斎文初集』『成斎文二集』『成斎先生遺稿』があり、『重野博士史学論文集』全3巻補巻1冊も刊行されている。また、書状等が坂口筑母によって『重野成斎宛諸家書状』『稿本・重野成斎伝』としてまとめられ、国立国会図書館に所蔵されている。

人物編集

小柄だが、身だしなみにうるさく、頭髪や髭も白髪混じりを良しとせず、しばらく染めていた[4]。また、弁がたち、訛りの多い薩摩弁を避けていたが、訛りは抜けなかった[4][5]。演説する場合は、人名、地名、年代、数字などを記したものを講演後に必ず速記者に渡した[5]。隠居を嫌い、100歳まで生きるつもりで日々衛生に心がけていた[5]。24歳より冷水養生法を毎朝実行し、老人になってからも健康で目も耳もよく、眼鏡なしでも7号の活字が読めた[6][7]。また、冷水養生法の前に4kmの散歩も日課としていた[6]

栄典編集

著書編集

  • 『赤穂義士実話』(西村天囚筆記) 大成館 1889年
  • 『稿本国史眼』 巻之1-7 久米邦武星野恒共編 大成館 1890年
  • 『教育勅語衍義』 小林喜右衛門 1892年
  • 『帝国史談』 冨山房 1896年
  • 『支那疆域沿革図』 河田羆共著 冨山房 1896年
  • 『成斎文集』 冨山房 1898年
  • 『大日本維新史』 善隣訳書館 1899年
  • 『万国史綱目』 勧学会 1902年
  • 『国史総覧稿』 静嘉堂文庫 1906年
  • 『薩藩史談集』(小牧昌業共編) 求信堂 1912年
  • 『成斎先生遺稿』全15巻 松雲堂書店 1926年
  • 『重野博士史学論文集』 上中下巻 雄山閣 1938 - 1939年

脚注編集

  1. ^ Things Japanese/Adoption
  2. ^ 『官報』第2182号、明治23年10月6日。
  3. ^ 『官報』第5613号、明治35年3月25日。
  4. ^ a b 『逸話文庫 : 通俗教育. 学者の巻』通俗教育研究会 編 (大倉書店, 1911)
  5. ^ a b c 『現代名士の演説振』小野田亮正 著 (博文館, 1908)
  6. ^ a b 『冷水養生法』佐々木政吉 著, 滝沢菊太郎 編 (開発社, 1903)
  7. ^ 『冷水浴と冷水摩擦』大沢謙二 著 (文星堂[ほか], 1911)
  8. ^ 『官報』第1650号「授爵叙任及辞令」1888年12月27日。
  9. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  10. ^ 『官報』第3266号「叙任及辞令」1894年5月22日。
  11. ^ 『官報』第4949号「叙任及辞令」1899年12月28日。

関連文献編集

外部リンク編集