大久保 常春(おおくぼ つねはる)は、江戸時代中期の大名下野烏山藩初代藩主。江戸幕府若年寄老中。烏山藩大久保家2代。

 
大久保 常春 
Okubo Tsuneharu.jpg
大久保常春像(寿亀山神社蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 延宝3年3月2日1675年3月27日
死没 享保13年9月9日1728年10月11日
別名 為春
墓所 東京都世田谷区太子堂最勝寺
官位 従五位下、山城守、佐渡守、従四位
幕府 江戸幕府 若年寄老中
近江国内→下野烏山藩
氏族 大久保氏
父母 父:大久保忠高
兄弟 常春忠宜
正室:牧野忠貴の娘、継室:本多正永の娘
忠胤、次男、忠篤
テンプレートを表示

生涯編集

留守居、側衆などを歴任した大久保忠高の次男として生まれる。元禄12年(1699年)、父の隠居に伴い近江国内の領地1万石を相続する。その後、若年寄を経て老中となった。享保10年(1725年)には下野烏山に移封され、加増されて最終的に3万石となる。享保13年(1728年)、老中となるが同年に在職のまま死去した。享年54。

経歴編集

官歴編集

参考文献編集

  • 『大久保常春公顕彰碑』大久保常春公顕彰会委員専門委員(大野和三、喜多山治、黒﨑與四郎、田村英雄、中村登志夫、萩原紀夫、北條光二、皆川晃、柳忠一郎、龍福宏明)2001年10月1日
先代:
大久保忠高
近江国
1699年 - 1725年
次代:
転封