メインメニューを開く

大乙上(だいおつじょう)は、649年から685年まで日本で用いられた冠位である。664年までは19階中15位で上は小山下、下は大乙下。664年より後は26階中19位で下が大乙中になった。

目次

概要編集

大化5年(649年)2月の冠位十九階で導入された[1]。前の七色十三階冠大黒が、大乙上と大乙下に分割されたうちの一つである。

天智天皇3年(664年)2月9日の冠位二十六階で、大乙は大乙上・大乙中・大乙下の3階になった。

天武天皇14年(685年)1月21日の冠位四十八階で冠位の命名方法が一新したときに廃止された。

叙位された人物編集

日本書紀』によれば、白雉5年(654年)の遣唐使の一員書麻呂、天武天皇5年(676年)の遣新羅使の大使物部麻呂(石上麻呂)が大乙上であった。斉明天皇4年(658年)に都で饗応された蝦夷馬武が大乙上を授けられたこともある。馬武は一緒に饗応された蝦夷の中で最高位であった。

天武天皇2年(673年)に耽羅済州島)から使者として来た久麻芸(久麻伎)は、耽羅王とともに大乙上を授かった。このとき、日本側はこの冠位が百済佐平にあたると説明した。その冠は特に錦繍で飾った。

常陸国風土記』には、大化5年(649年)に香島郡(鹿島郡)新設にあたった人として中臣□子が見える。□のところは欠字で、正しい名は不明である[2]

脚注編集

  1. ^ 『日本書紀』大化5年(649年)2月条。以下、特に記さない限り『日本書紀』の該当年月条による。
  2. ^ 『常陸国風土記』香島郡の項。

関連項目編集