メインメニューを開く

鹿島郡 (茨城県)

日本の茨城県に存在した郡
茨城県鹿島郡の範囲(水色:後に他郡から編入した区域 薄黄:後に他郡に編入された区域)

鹿島郡(かしまぐん)は、茨城県常陸国)にあった。「鹿行(ろっこう)地域」の名の由来となった郡のひとつ。

郡域編集

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

古代編集

大化5年(649年)に、下総国海上国造の部内軽野以南の一と、那賀国造の部内寒目以北の五里を別けて神郡を置いたとされる[1]。下総国海上国造の後裔を称する他田日奉神護正倉院文書に遺した「他田日奉部直神護解[2]」には、神護の祖父忍が孝徳期に海上郡少領であったことが書かれており、香島評の立に同意したことが伺える[3]。大化から天武天皇期にかけて順次設置されたとされる八神郡のひとつであり、鹿島神宮の所在地として重んじられ、養老7年(723年)11月16日には郡司に近親者の連任が許されている[4]。一般に郡を治める郡司に近親者を続けて任命することは禁止されていたが、香島郡(鹿島郡)では神社を代々まつってきた鹿島氏が重視されたものである。

 
神野向遺跡(鹿嶋市宮中)

8世紀以降の郡衙(郡家)跡は、鹿島神宮の南約1.5kmに位置する神野向遺跡(かのむかいいせき、鹿嶋市宮中、位置)で発見されている。この場所は『常陸国風土記』において「其の社の南」に郡家があるという記載とも一致する。遺構は8世紀前半から10世紀初め頃までの郡庁内郭・厨家相当施設・正倉院等で構成され、特に正殿周囲に回廊を有する点が注目される。現在、遺跡は国の史跡「鹿島神宮境内」のうちに附(つけたり)として指定されている[5][6][7]

近世以降編集

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。●は村内に寺社領が、○は寺社除地[8]が存在。幕府領は小川達太郎支配所・安藤伝蔵支配所・大竹左馬太郎支配所・林金五郎支配所が管轄。(127村)
知行 村数 村名
幕府領 幕府領(小川) 9村 荒地村、田谷沼新田、爪木村、深芝村、柳川新田、須田新田、知手村、竪内新田、奥野谷村
幕府領(安藤) 8村 鹿田村、田崎村、造谷村、●○上釜村、沢尻村、○下太田村、○網掛村、上太田村
幕府領(安藤・大竹) 1村 ●宮ヶ崎村
幕府領(小川)・旗本領 4村 徳宿村、二重作村、山野上村、沼尾村
幕府領(林)・旗本領 1村 須賀村
旗本領 77村 安房村、玉田村、鳥栖村、秋山村、子生村、勝下新田村、大戸村、駒木根村、飯名村、鉾田村、烟田村、柏熊新田、滝浜村、柏熊村、勝下村、塔ヶ崎村、籾山村、当間村、下富田村、上富田村、大和田村、江川村、中居村、上幡木村、志崎村、武井釜村、大小志崎村、飯島村、上沢村、汲上村、台濁沢村、梶山村、阿玉村、札村、大蔵村、浜津賀村、荒井村、角折村、明石村、田谷村、猿田村、田野辺村、林村、奈良毛村、中村、棚木村、塙村、春秋村、小見村、立原村、武井村、大船津村、下塙村、谷原村、佐田村、鉢形村、粟生村、木滝村、長栖村、平泉村、下幡木村、筒井村、賀村、息栖村、高浜村、石神村、田畑村、木崎村、下津村、小宮作村、矢田部村、東下村、太田新田、日川村、萩原村、芝崎村、溝口村
藩領 常陸水戸藩 6村 海老沢村、駒場村、○小堤村、○紅葉村、○磯浜村、大貫村
陸奥守山藩 7村 ●○成田村、●○神宿村、城之内村、●○神山村、○大竹村、荒野村、○神向寺村
幕府領・藩領 旗本領・守山藩 12村 白塚村、菅野谷村、青山村、安塚村、青塚村、小山村、清水村、津賀村、平井村、国末村、泉川村、居切村
その他 寺社領 2村 宮中村、根三田村

町村制以降の沿革編集

 
1.夏海村 2.大谷村 3.沼前村 4.巴村 5.徳宿村 6.諏訪村 7.鉾田町 8.新宮村 9.上島村 10.白鳥村 11.大同村 12.中野村 13.波野村 14.豊郷村 15.豊津村 16.鹿島町 17.高松村 18.中島村 19.軽野村 20.若松村 21.矢田部村 22.東下村(桃:鹿嶋市 紫:神栖市 赤:鉾田市 橙:東茨城郡茨城町 黄:東茨城郡大洗町)
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、下記の町村が発足[9]。(2町20村)
    • 夏海村 ← 成田村(現・鉾田市、東茨城郡大洗町)、上釜村、沢尻村、荒地村(現・鉾田市)、神山村(現・東茨城郡大洗町)
    • 大谷村 ← 上太田村、下太田村、造谷村、鹿田村、玉田村、田崎村、子生村(現・鉾田市)
    • 沼前村 ← 海老沢村、宮ヶ崎村、城之内村、網掛村、小堤村、駒場村、神宿村(現・東茨城郡茨城町)
    • 巴村 ← 上富田村、紅葉村、菅野谷村、大和田村、下富田村、鳥栖村、当間村(現・鉾田市)
    • 徳宿村 ← 徳宿村、飯名村、大戸村、駒木根村、秋山村、舟木村(現・鉾田市)
    • 諏訪村 ← 籾山村、滝浜村、勝下村、勝下新田村、柏熊新田、安房村、柏熊村(現・鉾田市)
    • 鉾田町 ← 鉾田村、塔ヶ崎村(現・鉾田市)
    • 新宮村 ← 烟田村、安塚村、白塚村、大竹村(現・鉾田市)
    • 上島村 ← 梶山村、汲上村、二重作村、青山村、台濁沢村(現・鉾田市)
    • 白鳥村 ← 札村、江川村、中居村、飯島村、上幡木村、上沢村、大蔵村、阿玉村(現・鉾田市)
    • 大同村 ← 津賀村、志崎村、大小志崎村、武井村、武井釜村、浜津賀村、和村、棚木村、荒井村、青塚村、角折村(現・鹿嶋市)
    • 中野村 ← 中村、荒野村、奈良毛村、林村、小山村(現・鹿嶋市)
    • 波野村 ← 神向寺村、清水村、明石村、小宮作村、下津村(現・鹿嶋市)
    • 豊郷村 ← 須賀村、田谷村、猿田村、田谷沼新田、田野辺村、沼尾村、山野上村(現・鹿嶋市)
    • 豊津村 ← 大船津村、爪木村(現・鹿嶋市)
    • 鹿島町 ← 宮中村、根三田村(現・鹿嶋市)
    • 高松村 ← 木滝村、佐田村、下塙村、谷原村、長栖村、国末村、粟生村、鉢形村、平井村、泉川村(現・鹿嶋市)
    • 中島村 ← 平泉村、息栖村、居切村、深芝村、下幡木村、筒井村、賀村(現・神栖市)
    • 軽野村 ← 知手村、木崎村、高浜村、石神村、田畑村、溝口村、芝崎村、萩原村、奥野谷村、日川村(現・神栖市)
    • 若松村 ← 柳川新田、須田新田、太田新田(現・神栖市)
    • 矢田部村(単独村制。現・神栖市)
    • 東下村(単独村制。現・神栖市)
  • 1896年(明治29年)7月1日 - 郡制を施行。
  • 1923年大正12年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 1925年(大正14年)1月1日 - 中島村が改称して息栖村となる。
  • 1926年(大正15年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 1928年昭和3年)1月1日 - 東下村が町制施行・改称して波崎町となる。(3町19村)
  • 1954年(昭和29年)9月15日 - 高松村・豊津村・豊郷村・波野村が鹿島町に編入。(3町15村)
  • 1955年(昭和30年)
  • 1956年(昭和31年)2月15日 - 若松村が分割し、一部(太田新田の一部)が神栖村に、残部(柳川新田・須田新田および太田新田の残部)が波崎町に編入。(3町4村)
  • 1970年(昭和45年)1月1日 - 神栖村が町制施行して神栖町となる。(4町3村)
  • 1995年平成7年)9月1日 - 鹿島町が大野村を編入のうえ即日市制施行・改称して鹿嶋市となり、郡より離脱。(3町2村)
  • 2005年(平成17年)
    • 8月1日 - 神栖町が波崎町を編入のうえ即日市制施行して神栖市となり、郡より離脱。(1町2村)
    • 10月11日 - 鉾田町・旭村・大洋村が合併して鉾田市が発足。同日鹿島郡消滅。

変遷表編集

行政編集

歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1878年)12月2日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注編集

  1. ^ 常陸国風土記』・香島郡。
  2. ^ 大日本古文書 3-150頁 「中宮舎人海上国造他田日奉部直神護解」 - 正倉院文書データベース。
  3. ^ 森公章『古代豪族と武士の誕生』 吉川弘文館 2012年、ISBN 978-4-642-05760-8、「乙巳の変と評制の施行」の項。
  4. ^ 続日本紀』養老七年十一月丁丑条。
  5. ^ 鹿島神宮境内附郡家跡”神野向遺跡”(かしまじんぐうけいだいつけたりぐんけあと”かのむかいいせき”) - 常陸国風土記を訪ねる - 常陸国風土記1300年記念(茨城県生活環境部生活文化課の「大好きいばらき生活文化情報ネット」内)
  6. ^ 鹿島神宮境内 附 郡家跡 - 国指定文化財等データベース(文化庁
    鹿島神宮境内附郡家跡(茨城県教育委員会)。
  7. ^ "国指定史跡「鹿島郡家跡」 正殿周辺調査は30年ぶり"(東京新聞、2016年2月11日記事)。
  8. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。
  9. ^ 町村の統合は3月31日

参考文献編集

関連文献編集

  • 『鹿島郡史談』下生成安、柳沢平、1892年。NDLJP:763693

関連項目編集