メインメニューを開く

書 麻呂(ふみ の まろ)または倭漢文 麻呂(やまとのあや の ふみ の まろ)は、飛鳥時代貴族冠位大乙上小山下とも)。遣唐判官。

 
書麻呂/倭漢文麻呂
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 不明
官位 大乙上
主君 孝徳天皇斉明天皇
氏族
テンプレートを表示

目次

経歴編集

孝徳天皇大化元年9月(645年)に、古人皇子蘇我田口川堀物部朴井椎子吉備笠垂朴市秦田来津と共に謀叛を企てた[1]。ところが、吉備笠垂の密告により、この企みはあからさまになり、古人皇子は、9月12日以降、あるいは11月30日に朝廷の兵により攻められ、古人皇子は息子ともども討ち取られてしまい、妃や側室は自殺してしまった[2]

このような事件があったにもかかわらず、白雉5年2月(654年)、遣唐押使を高向史玄理、大使河辺臣麻呂、副使薬師恵日を中心とする遣唐使一行の中に、「判官」として大乙上(「或本」では小山下)の「書直麻呂」の名前がある[3]斉明天皇元年8月(655年)に河辺臣麻呂らが大唐より還るとあり[4]、書麻呂もこのとき帰還したものと思われる。

実は、上記にあげた古人大兄皇子の陰謀に加担した4人は、(密告者である吉備笠垂を含め)誰も罰せられておらず、改新政府で活躍している。そのため、この陰謀自体がなかったことなのではないか、と言われている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本書紀』孝徳天皇大化元年9月3日条
  2. ^ 日本書紀』孝徳天皇大化元年9月12日条
  3. ^ 日本書紀』孝徳天皇白雉5年2月条
  4. ^ 日本書紀』斉明天皇元年8月1日条

参考資料編集

関連項目編集