メインメニューを開く

大井宿(おおいじゅく)は中山道の46番目の宿場美濃国恵那郡大井村(現・岐阜県恵那市)に存在した。

江戸方から、横町・本町・竪町・茶屋町・橋場と5町があった。それぞれの町は6ヶ所の枡形によって区切られていた。

大井宿から槙ヶ根追分を経て、下街道を利用する旅人も多かった。なお、川越街道大井宿埼玉県ふじみ野市)とは別物である。

目次

概略編集

最寄り駅編集

史跡・みどころ編集

大湫宿までの史跡・みどころ

  • 西行塚
  • 槙ヶ根一里塚
  • 槙ヶ根立場
  • 深萱立場跡
名古屋城下に至る下街道(したかいどう)との追分であった。

参考文献編集

隣の宿編集

中山道
中津川宿 - 大井宿 - 大湫宿

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 岐阜県:大井宿本陣跡[おおいじゅくほんじんあと]”. 岐阜県. 2017年6月13日閲覧。

外部リンク編集