メインメニューを開く

大伴 書持(おおとも の ふみもち)は、奈良時代貴族歌人宿禰大伴旅人の子で、大伴家持の弟。

 
大伴書持
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 天平18年(746年
主君 聖武天皇
氏族 大伴宿禰
父母 父:大伴旅人
兄弟 家持書持留女之女郎、高多麻呂
テンプレートを表示

目次

経歴編集

史書などには事績は見られず(よって、官位も不明)、『万葉集』に収められた歌で、その生涯を知ることができる。

最古の和歌は、天平10年8月20日(738年10月7日)に、橘奈良麻呂が集宴を開催した時のものである。

あしひきの 山のもみち葉 今夜(こよひ)もか 浮かび行(ゆ)くらむ 山川(やまがは)の瀬に

((あしひきの)山の紅葉は この夜中にも 散っては浮かんで行っているだろうなあ 山川の瀬を)[1]

翌年には、兄家持の妾の死を悼む和歌に唱和して、歌を詠んでいる。

天平)十一年己卯(きぼう)の夏六月(739年)、大伴宿禰家持、亡(す)ぎにし妾(をみなめ)を悲傷(かなし)びて作る歌一首

今よりは 秋風寒く 吹きなむを いかにかひとり 長き夜(よ)を寝(ね)

(これからは 秋風も寒く 吹くだろうに どんなにしてひとり 秋の夜長を寝たものだろうか)

(おと)大伴宿禰書持即(すなは)ち和(こた)ふる歌一首

長き夜(よ)を ひとりや寝(ね)むと 君が言へば 過ぎにし人の 思ほゆらくに

(長い夜を ひとりで寝るかと あなたが言うので 亡くなった人が 思い出されます)[2]

また、天平12年12月9日(740年12月31日)には、天平2年(730年)に大宰帥であった父、旅人の梅の花の宴の歌に想像で追和したという6首を詠んでいる[3]、天平13年4月2日(741年5月20日)には、恭仁京に滞在中の兄家持あてに奈良の邸宅から霍公鳥(ほととぎす)を詠んだ歌を贈っている[4]

ほかにも、ほととぎすを詠んだ歌2首[5]や、紅葉を詠んだ歌[6]がある。

天平18年9月25日(746年)に、兄の家持が「長逝せる弟を哀傷(かなし)ぶる歌一首、并(あわ)せて短歌」を詠んでいるので、この年に亡くなったものと思われる。その長歌の但し書きによると

このひととなり、花草花樹を好愛(め)でて、多く寝院(しんゐん)の庭(には)に植ゑたり。故(ゆゑ)に「花薫(にほ)へる庭」といふ

とあり、

佐保山に火葬す。故に「佐保の内の里を行き過ぎ」といふ

と記されている[7]

つづく反歌は、以下のようなものである。

ま幸(さき)くと 言ひてしものを 白雲に 立ちたなびくと 聞けば悲しも

(達者でと 言っておいたのに 白雲となって 立ちたなびいたと 聞くと悲しい)

かからむと かねて知りせば 越(こし)の海の 荒磯(ありそ)の波も 見せましものを

(こうなると かねて知っていたら 越の海の 荒磯の波でも 見せてやればよかった)[8]

当時、家持は越中守であり、弟の臨終に立ち会うことはできなかった。

歌風編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『万葉集』巻第八、1587番
  2. ^ 『万葉集』巻第三、462番・463番
  3. ^ 『万葉集』巻第十七、3901番 - 3906番。
  4. ^ 『万葉集』巻第十七、3909番・3910番
  5. ^ 『万葉集』巻第八、1480番・1481番
  6. ^ 『万葉集』巻第八、1587番
  7. ^ 『万葉集』巻第十七、3957番
  8. ^ 『万葉集』巻第十七、3958番・3959番

参考文献編集

  • 『萬葉集』(一)・(三)・(五)完訳日本の古典3・4、小学館、1982年、1984年、1986年

関連項目編集