メインメニューを開く

大分ソーリンズ野球倶楽部(おおいたソーリンズやきゅうくらぶ)は、大分県大分市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟している社会人野球クラブチームである。

大分ソーリンズ野球倶楽部
チーム名(通称) 大分ソーリンズ
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 クラブチーム
創部 2005年
チーム名の遍歴 大分ソーリンズ野球倶楽部 (2005 - )
本拠地自治体 大分県大分市
練習グラウンド 日鉱佐賀関大志生木球場
チームカラー ネイビー
監督 中村国昭
都市対抗野球大会
出場回数 なし
社会人野球日本選手権大会
出場回数 なし
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 なし

チーム名は、かつて大分を治めていた戦国大名である大友宗麟から由来している。

目次

概要編集

2005年11月25日、元プロ野球選手中村国昭が自身の故郷である大分県で結成した。大分県初の市民球団である。監督には中村国昭自身が就任し、コーチ陣は元プロ野球選手河原明藤沢哲也が務める。

2006年3月15日付けで、日本野球連盟に登録された[1]

沿革編集

元プロ野球選手の競技者登録編集

脚注編集

  1. ^ チーム情報 登録・変更情報 2006年”. 日本野球連盟. 2016年5月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集