メインメニューを開く

大分県信用組合(おおいたけんしんようくみあい)は、大分県大分市に本店を置く信用組合。事業区域は大分県内全域である。略称は「けんしん」[2]

大分県信用組合のデータ
統一金融機関コード 2870
法人番号 7320005000262
代表者氏名 吉野一彦(理事長)
店舗数 39店舗
(2017年3月時点)[1]
資本金 117億円(出資金)
貸出金残高 2000億円(2017年3月末時点)
預金残高 3771億円(2017年3月末時点)
設立日 1953年11月26日
所在地
870-0047
大分県大分市中島西2-4-1
外部リンク 大分県信用組合
テンプレートを表示
本店

2005年3月14日に杵築信用金庫を合併したが、信用協同組合が信用金庫を吸収合併した事例は異例である。

沿革編集

  • 1953年(昭和28年)11月 - 設立。
  • 1971年(昭和46年) - 中津商工信用組合の事業を譲り受ける。
  • 2002年(平成14年) 7月 - 大分県庁信用組合と合併する。
  • 2002年(平成14年) 9月 - 高田信用組合と合併する。
  • 2005年(平成17年) 3月 - 杵築信用金庫と合併する。
  • 2007年(平成19年)11月 - 玖珠郡信用組合と合併。
  • 2018年(平成30年)3月 - 飲食店などの受動喫煙対策向け低利融資ファンド設立を発表[3]

脚注・出典編集

  1. ^ けんしん概要大分県信用組合(2018年3月21日閲覧)
  2. ^ 同じ「けんしん」という略称は茨城県信用組合新潟縣信用組合長野県信用組合兵庫県信用組合も使っているが、営業エリアはそれぞれ地元のみである。
  3. ^ 受動喫煙防止ファンド/大分県信組 対策業者に低利融資『毎日新聞』朝刊2018年3月20日(経済面)

関連項目編集

外部リンク編集