大分県立総合文化センター

大分県立総合文化センター(昭和通り側から)

大分県立総合文化センター(おおいたけんそうごうぶんかセンター)は、大分県大分市OASISひろば21内にある複合文化施設である。酒造メーカーの三和酒類命名権を取得し、iichiko総合文化センターと呼ばれている。

目次

概要編集

大分県立病院跡地に1998年に完成した複合施設OASISひろば21の文化施設部分であり、老朽化した大分県立芸術会館の代替施設としての役割を担っている。

命名権編集

2005年4月から酒造メーカーの三和酒類が命名権を取得しており、主力商品である「いいちこ」の名を冠して、大分県立総合文化センターがiichiko総合文化センターと呼ばれているほか、同センター内の各施設にも"iichiko"が冠されている。命名権の契約は2010年4月に延長されており、2015年3月まで引き続き現在の愛称が用いられる。年間契約額は5,250万円とされる[1]

大分県立総合文化センター内の施設編集

グランシアタ編集

いわゆる大ホールにあたる。愛称は、iichiko グランシアタ。2層のバルコニー席を有する囲み型のホールで、座席数は1,966席(うち車いす席12席)。残響可変装置により、残響時間は約1.5秒から2秒まで微調整可能である。

音の泉ホール編集

いわゆる中ホールにあたる。愛称は、iichiko 音の泉ホール。シューボックス型のコンサートホールで、座席数は710席(うち車いす席6席)。残響時間は1.5秒から1.8秒まで可変できる。

アトリウムプラザ編集

愛称は、iichiko アトリウムプラザ。エントランスに設けられた1400m2の空間で、ミニコンサートや展示会等が行われる。

Space Be編集

愛称は、iichiko Space Be。練習室、映像小ホール、県民ギャラリー、文化情報ラウンジ等の総称である。

  • リハーサル室
    iichikoグランシアタの舞台のアクティングエリアとほぼ同じ広さを持つリハーサル室。
  • 練習室
    大・中・小合計9室の練習室が設けられている。
  • 映像小ホール
    映画上映や、映像を利用する会議や講演が可能な小ホール。
  • 県民ギャラリー
  • 国際交流プラザ
  • 文化情報ラウンジ

会議室編集

4階部分に6つの会議室が設けられている。

アクセス編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集