大分県道・福岡県道108号中津吉富線

日本の大分県と福岡県の道路
大分県道108号中津吉富線から転送)

大分県道・福岡県道108号中津吉富線(おおいたけんどう・ふくおかけんどう108ごう なかつよしとみせん)は大分県中津市から福岡県築上郡吉富町を結ぶ一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
大分県道108号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
福岡県道108号標識
大分県道108号中津吉富線
福岡県道108号中津吉富線
起点 大分県中津市島田
終点 福岡県築上郡吉富町直江
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

目次

概要編集

現在の中津吉富線は、旧々国道10号であり、江戸時代にひらかれたという海岸沿いの下往還(小倉-中津)の一部である。

「下往還」は、小倉城主細川忠興によって小倉城と中津城とをむすぶ新道として設置された。その当時は、橋梁はなく、渡し舟で、吉富 - 中津を結んでいた。明治2年、広津-中津間に船を横に並べた「船橋」がかかった。明治22年国道35号、明治37年に山国橋が完成し、これ以降は、大分県側と福岡県側とを結ぶ県道の大半はこの山国橋を通るルートとして設定・認定された。大正8年国道3号、昭和8年和井田跨線橋(JR日豊本線高架)架設、昭和27年国道10号線、昭和48年3月に国道10号から108号中津吉富線に振替変更され、現在の路線となった。

路線データ編集

歴史編集

  • 明治18年 国道35号線 北九州市門司区 - 大分県庁[要出典]
  • 明治37年 国道35号線の山国川に山国橋が架橋される。橋長214.4m[要出典]
  • 大正9年 国道35号線から国道3号線へと路線番号変更。[要出典]
  • 昭和9年2月28日 山国橋のコンクリート化。[要出典]
  • 昭和27年12月4日 国道3号線から国道10号線へと路線番号変更。[要出典]
    県の委託管理から当時の建設省の直接管理となる。[要出典]
  • 昭和35年 新国道の山国大橋が架橋され、国道10号線が移管される。[要出典]
  • 昭和38年2月19日 大分県道・福岡県道428号中津吉富線の認定。[要出典]
  • 昭和48年3月31日 大分県道・福岡県道108号中津吉富線となる。[要出典]
  • 昭和55年 山国橋の下流側に単独の側道橋が架橋される。[要出典]

交差する道路編集

関連項目編集