メインメニューを開く

大分県道207号大分挾間線

日本の大分県の道路
画像提供依頼:(できれば)画像内に県道標識を写し込んだ写真の画像提供をお願いします。2011年2月

大分県道207号大分挾間線(おおいたけんどう207ごう おおいたはさません)は、大分県大分市から由布市に至る一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
大分県道207号標識
大分県道207号 大分挾間線
一般県道 大分挾間線
起点 大分県大分市田中町【地図
終点 大分県由布市挾間町下市【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0442.svg 国道442号
Japanese National Route Sign 0210.svg 国道210号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

大分市田中町の田中三差路交差点を起点とし、由布市挾間町挾間に至る本道と、大分市賀来北の賀来新川交差点で本道から北寄りに分岐し、由布市挾間町の挟間三差路交差点(旧:医大挾間入口交差点)に至るバイパスとからなる。

本道は概ねJR久大本線大分県道601号小挾間大分線に沿う。また、本道起点からバイパスの分岐点を経てバイパスの終点までは、南寄りを走る国道442号国道210号に対してバイパスの役割を果たしており、大分大学医学部(旧大分医科大学)前を通ることから、通称医大バイパスまたは医大通りと呼ばれる。この部分が道幅が広く、交通量が多いとともに沿道には大型店舗などが集積しているのに対して、バイパスが分岐した後の本道は狭隘である。

本道は起点で国道442号に接続し、本道、バイパスともに終点では国道210号に接続する。

また、バイパスの中途にある『賀来神社先』交差点では、東九州自動車道と市道を挟んで接続しており、案内標識が設置されている。また、高速道路通行止め時の迂回路としても案内されており、福岡行き高速バス「とよのくに号」の迂回ルートとして利用される。

路線データ編集

  • 起点:大分県大分市田中町(田中三差路交差点、国道442号交点)
  • 終点:大分県由布市挾間町下市(鶴田入口交差点、国道210号交点)

路線状況編集

別名編集

  • 医大通り・医大バイパス(大分市 - 由布市)

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

交差する道路 市町村名 交差する場所
国道442号 大分市 田中町 田中三差路交差点 / 起点
大分県道207号大分挾間線 / バイパス 賀来北 賀来新川交差点 / バイパス起点【地図
国道210号 由布市 挾間町下市 鶴田入口交差点 / 終点
挾間町挾間 挟間三差路交差点 / バイパス終点【地図

交差する鉄道編集

沿線にある施設など編集

関連項目編集