大原幽学

大原 幽学(おおはら ゆうがく、寛政9年3月17日1797年4月13日) - 安政5年3月8日1858年4月21日))は、江戸時代後期の農政学者、農民指導者。下総国香取郡長部(ながべ)村(現在の旭市長部)を拠点に、天保9年(1838年)に先祖株組合という農業協同組合を世界で初めて創設した。

目次

生涯編集

 
大原幽学出生地(愛知県名古屋市中区愛知県図書館)
 
愛知県名古屋市千種区平和公園の墓所

出自は明らかでないが、尾張藩の家臣大道寺直方の次男として生まれたとの説もある[1]。若き頃は大道寺左門と名乗っていたという。号は静香。

幽学の語るところによると、18歳のとき故あって勘当され、美濃大和大阪を長く放浪していたという。はじめは武芸、のち知友から占い手法を身に付け、易占観相、講説などで流浪の生活を支えていた[2]

その後、神道儒教仏教を一体とする、独自の実践道徳である「性学」(生理学、性理道ともいった)を開いた。天保2年(1831年房総を訪れ性学を講ずるようになり、門人を各地に増やしていった。そして、天保6年(1835年)に椿海干拓地の干潟八万石にあった長部村に招かれ農村振興に努力することになった。

幽学は、先祖株組合の創設のほかに、農業技術の指導、耕地整理質素倹約の奨励、博打の禁止、また子供教育しつけのために換え子制度の奨励など、農民生活のあらゆる面を指導した。「改心楼」という教導所も建設された。嘉永元年(1848年)2月に、長部村の領主清水氏は、長部村の復興を賞賛し、領内の村々の模範とすべきことを触れている。嘉永5年(1852年)、反感を持つ勢力が改心楼へ乱入したことをきっかけに村を越えた農民の行き来を怪しまれ勘定奉行に取り調べられる。安政4年(1857年)に押込百日と改心楼の棄却、先祖株組合の解散を言い渡される。5年に及ぶ訴訟の疲労と性学を学んだはずの村の荒廃を嘆き、翌年、墓地切腹。千葉県旭市には旧宅(国の史跡)が残っており、切腹した場所にはが建立された。愛知県名古屋市の平和公園にも門人がたてた墓碑がある。著作に「微味幽玄考」「性学趣意」「口まめ草」等がある。

同時代の代表的な農民指導者編集

描かれた作品編集

参考文献編集

  • 中井信彦 著, 『大原幽学 (人物叢書)』, 吉川弘文館 (1963)
  • 奈良本辰也 他著, 『日本思想大系〈52〉二宮尊徳・大原幽学』, 岩波書店 (1973/05)
  • 木村礎 編, 『大原幽学とその周辺 (日本史研究叢書)』, 八木書店 (1981/10)
  • 高橋敏 著, 『大原幽学と飯岡助五郎―遊説と遊侠の地域再編 (日本史リブレット人)』, 山川出版社 (2011/02)

脚注編集

  1. ^ 中井信彦, 『大原幽学 (人物叢書)』, 吉川弘文館 (1989/05)
  2. ^ 『大原幽学伝』(1949年)高倉テル著、美和書林発行

外部リンク編集

関連項目編集