千種区

名古屋市の区

千種区(ちくさく)は、名古屋市を構成する16区のうちの一つ。

ちくさく
千種区
東山動植物園
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
名古屋市
団体コード 23101-1
面積 18.18km2
総人口 165,105
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 9,082人/km2
隣接自治体
隣接行政区
名古屋市天白区昭和区中区
東区守山区名東区
区の木 ハナミズキ
区の花 アジサイ
千種区役所
所在地 464-8644
愛知県名古屋市千種区覚王山通8丁目37番地
北緯35度9分59.2秒東経136度56分47.2秒座標: 北緯35度9分59.2秒 東経136度56分47.2秒
千種区役所
外部リンク 名古屋市千種区
千種区の県内位置

千種区位置図

 表示 ウィキプロジェクト

目次

概要編集

区の西部は名古屋の繁華街の一つである今池を中心とした商業地区、今池の北側は千種公園や名古屋市立東部医療センターなどがある住宅地区である。区の中部に池下を中心とした繁華街と区役所がある。区の東部は東山公園平和公園、星ヶ丘三越などがある。また名古屋大学河合塾本部を始め、大学高校予備校が多い文教地区である。

地理編集

 
茶屋ヶ坂池

基本的には東に行くにつれ標高が上がる。とくに東山公園から平和公園にかけての一帯は丘陵地帯として知られる。また覚王山周辺も周囲と比較して盛り上がっている。千種区を東西に横切る広小路通を通ると、このような起伏がよく分かる。

河川編集

主な河川

湖沼編集

主な池

地質編集

熱田層、東海層群、八事層などからなるが、全体的に質である。

区内の地名編集

隣接行政区編集

歴史編集

設置されたのは1937年(昭和12年)で、旧千種町および旧東山村に当たる地域を東区より分離した[1]。その後、1955年(昭和30年)に猪高村を編入[1]。旧・猪高村の地域は1975年(昭和50年)に一部[注 1]を残し名東区として分離される[1]とともに、昭和区天白町植田の一部(東山公園内の部分。残部は天白区)を併せて、[要出典]現在の領域となる。

施設編集

警察編集

本部
交番

消防編集

本部
消防署
出張所
  • 東部出張所
  • 東山出張所

医療編集

主な病院

郵便局編集

主な郵便局

図書館編集

主な図書館

介護施設編集

教会編集

・東山カトリック教会 ・天理教愛町分教会

コンベンション施設編集

運動施設編集

地方気象台編集

経済編集

教育編集

大学編集

国立
市立
私立
かつてあった短期大学

専門学校編集

高等学校編集

国立高等学校
県立
市立
私立

中学校編集

国立
市立
私立

小学校編集

市立

その他の学校編集

備考編集

名古屋市内に「千種高校(ちぐさこうこう)」という名前の学校があるが、千種区内ではなく名東区内にある[注 2]

学会編集

交通編集

鉄道編集

 東海旅客鉄道(JR東海)
※地下鉄千種駅は、東区にある(JR千種駅と連絡)。
  名古屋市交通局(名古屋市営地下鉄)
※区役所は、東山線池下駅が最寄り。

路線バス編集

バスターミナル
路線

道路編集

高速道路
国道
主要地方道
一般県道

幹線道路の道路通称名編集

<南北の道路>
<東西の道路>

観光編集

スポーツ編集

出身有名人編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 当時の宮根学区は地元の希望で千種区に残留。
  2. ^ 学校創立時の1963年(昭和38年)には千種区に所在していたが、1975年(昭和50年)に学校所在地が名東区として千種区から分離したことによるもの。

出典編集

  1. ^ a b c 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 824.
  2. ^ 所在地・交通アクセス” (日本語). あいち造形デザイン専門学校. 2015年11月2日閲覧。
  3. ^ アクセス” (日本語). 名古屋外語・ホテル・ブライダル専門学校. 2015年11月2日閲覧。
  4. ^ アクセス” (日本語). 名古屋市上下水道局. 2015年11月2日閲覧。
  5. ^ 店舗情報―LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA―” (日本語). LA BETTOLA. 2015年11月2日閲覧。
  6. ^ 店舗情報 名古屋セントラルガーデン店” (日本語). 成城石井. 2015年11月2日閲覧。
  7. ^ 名古屋店” (日本語). ブーランジェリーエリックカイザージャポン. 2015年11月2日閲覧。
  8. ^ 堤幸彦; 三浦展 (2012年5月29日). “なぜ、この映画を名古屋で撮ったのか--堤 幸彦監督、直球ど真ん中の異色作「MY HOUSE」を語る vol.2” (日本語). PRESIDENT online. プレジデント社. 2015年11月2日閲覧。
  9. ^ 『かわすみひろし本舗』より。

参考文献編集

外部リンク編集