大友昇

日本の将棋棋士

大友 昇(おおとも のぼる、1931年8月6日 - 2000年8月8日)は、将棋棋士棋士番号62。宮城県仙台市出身。飯塚勘一郎八段門下。

 大友昇 九段
名前 大友昇
生年月日 (1931-08-06) 1931年8月6日
没年月日 (2000-08-08) 2000年8月8日(69歳没)
プロ入り年月日 1953年4月1日(21歳)
棋士番号 62
出身地 宮城県仙台市
師匠 飯塚勘一郎八段
段位 九段
戦績
一般棋戦優勝回数 3回
2017年8月24日現在

人物編集

1950年アマ名人戦宮城県代表となり、翌1951年二段で飯塚勘一郎門下となり奨励会入り。1953年四段。

1956年、東西対抗勝継戦において、負け無しの14連勝で棋戦初優勝。 1967年度のNHK杯戦優勝。 1968年、A級八段となり1期在籍(第23期順位戦)。ただ、この年は離婚裁判を抱えたことで将棋に力を注げなかったという[1]

1972年に引退。41歳での早い引退については、B1に在籍していた1960年度の第15期順位戦で胃を患い途中休場、翌第16期順位戦も全休と1年以上のブランクを経験し、そこからB2陥落を経てのB1復帰、A級昇級を果たすも、B1降級直後から十二指腸潰瘍で入退院を繰り返し、第26期順位戦まで3期地位を保つも、「こんな状態では将棋は指せない」と決めたことを理由としている[2]

1993年に将棋の日表彰により九段昇段。晩年は郷里宮城で普及に努めていたが、2000年死去。

弟子に森雞二郷田真隆がいる。

昇段履歴編集

棋戦優勝編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『将棋世界』1996年8月号
  2. ^ 清水孝晏『思い出の棋士たち』 将棋マガジン1984年4月号

関連項目編集

外部リンク編集