メインメニューを開く

大島 要三(おおしま ようぞう、1859年3月19日(安政6年2月15日[1])- 1932年昭和7年)3月23日[1][2])は、明治から昭和初期の実業家政治家衆議院議員

経歴編集

武蔵国埼玉郡、後の埼玉県北埼玉郡大桑村(現:加須市[注 1]で大島庄太郎の長男として生まれた[1][3]。1881年(明治14年)に上京し東北線鉄道敷設工事の下請を担当し、元請の杉井組・杉井定吉の信用を得て支配人となる[3]。1891年(明治24年)、白河町(現:白河市)から福島町(現:福島市)に転居した[3]

杉井の死後に独立して大島組を組織[3]。1894年(明治24年)からの奥羽線福島 - 米沢間を担当したことにより信用を得た[3]福島電灯社長、福島民友新聞社長、白棚鉄道社長、東京信用銀行取締役、福島貯蓄銀行監査役、福島羽二重監査役、東京米穀商品取引所監査役など、多数の企業の役員などを務めた[2][3][4][5]。福島商業会議所(現:福島商工会議所)の設立発起人代表となり2代会頭に就任した[3]。また、肥田金一郎と共に福島競馬場の開設に尽力した[1][3]

政界では、1907年(明治40年)、福島市制施行後の初の市会議員に当選[3]。1924年(大正13年)5月、第15回衆議院議員総選挙で福島県第一区から出馬して当選[2]第17回総選挙でも当選し、衆議院議員を通算2期務めた[1][2][3]

人物編集

侠客辺見貞蔵とも交流を持っていた親分肌の人物であった[1]

親族編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『福島県史 第22巻』112頁では栗橋町

出典編集

  1. ^ a b c d e f 『福島県史 第22巻』112頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』129頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j 『福島大百科事典』136頁。
  4. ^ a b 『人事興信録』第9版、オ102-103頁。
  5. ^ 『福島誌上県人会』191頁。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 福島民報社編『福島大百科事典』福島民報社、1980年。
  • 『福島県史 第22巻(各論編 8 人物)』福島県、1972年。
  • 松沢忠雄編『福島誌上県人会』福島県友会出版部、1923年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第9版、1931年。