メインメニューを開く

大崎 義直(おおさき よしなお)は、陸奥国戦国大名大崎氏の第11代当主で、大崎氏最後の奥州探題。官位は従五位下左京大夫

 
大崎義直
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天正5年(1577年
改名 義国 -> 義直
別名 彦三郎
官位 従五位上、左京大夫
幕府 室町幕府奥州探題
氏族 大崎氏
父母 父:大崎義兼
兄弟 高兼義直高清水直堅、女子(黒川晴氏正室)
義隆黒川義康、釈妙英(最上義光正室)
テンプレートを表示

生涯編集

奥州探題大崎氏を継ぐ編集

陸奥国の戦国大名で室町幕府奥州探題・大崎義兼の次男として誕生。

はじめ名生城に住んだ[1]。第10代当主である兄・大崎高兼が早世したため家督を相続した。永正11年(1514年)成立の『留守氏旧記』に「大崎は11代」と記されているので、この年までに11代当主として大崎氏を継いでいたと思われる[2]。はじめ義国といい、後に義直と改めた[3]

大崎氏は、室町幕府における奥州管領・奥州探題として陸奥国の武士をとりまとめる家柄だったが、この頃は勢力を減じ、現在の宮城県北西部に割拠する一勢力となっていた。かわって陸奥国で力を伸ばしていたのは伊達氏である。大永2年(1522年)に、幕府が伊達稙宗を新設の陸奥国守護職に任じたため、陸奥国には一国に守護と探題が並び立つ変則的な状況が生まれた[4]

大崎内乱と天文の乱編集

天文5年(1536年)、氏家直継古川持煕新井田頼遠らが反乱を起こした。義直にはこれを独力で鎮圧できず、伊達稙宗に援軍を要請した(天文の内乱)。しかしその代償として、稙宗の子・義宣が兄・高兼の娘を娶る形で養子として送り込まれ、大崎氏は伊達氏に従属した。

天文11年(1542年)に伊達氏のお家騒動である天文の乱が勃発すると、稙宗方に付いた義宣を討つため、義直は稙宗の子・晴宗方に付いた。乱は晴宗方の勝利に終わるや、天文19年(1550年)に義宣を討ち取った。これにより、伊達氏へ吸収合併されることは免れたものの、従属状態から脱却して勢力を回復させるまでには至らなかった。

義直は天文14年(1545年)7月5日に従五位下左京大夫に任官した[5]。代々の大崎氏当主が任じられた官である。

子の義隆永禄10年(1567年)に所領安堵の文書を相継いで発給しており、この頃に代替わりがあったと推測される[6]

天正5年(1577年)、死去[7]

脚注編集

  1. ^ 佐々木慶市『奥州探題大崎十二代史』115頁。
  2. ^ 佐々木慶市『奥州探題大崎十二代史』115頁。
  3. ^ 『奥州探題大崎十二代史』115頁。
  4. ^ 佐々木慶市『奥州探題大崎十二代史』116頁。「戦国期における大崎氏と伊達氏」101頁。
  5. ^ 『奥州探題大崎十二代史』116頁。
  6. ^ 『古川市史』第7巻151頁・資料番号350、152頁・資料番号352に収録されている「大崎義隆判物」「大崎義隆知行宛行判物」。佐々木慶市『奥州探題大崎十二代史』138-141頁。
  7. ^ 『戦国人名事典コンパクト版』174頁。

参考文献編集

  • 阿部猛西村圭子編『戦国人名事典コンパクト版』(新人物往来社、1990年)
  • 小林清治「戦国期における大崎氏と伊達氏」(大崎シンポジウム実行委員会編『奥州探題大崎氏』2003年)
  • 佐々木慶市『奥州探題大崎十二代史』(今野出版企画、1999年)
  • 古川市史編さん委員会『古川市史』第7巻、資料2、古代・中世・近世1』(ぎょうせい、2001年)