大村 加奈子(おおむら かなこ、1976年12月15日 - )は、日本の女子バレーボール選手。京都府京都市中京区出身。ニックネームはカナ[1]

大村 加奈子
Kanako Omura
 No.13
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Kanako Omura, 2007-11-06.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1976-12-15) 1976年12月15日(40歳)
出身地 京都府京都市中京区
ラテン文字 Kanako Omura
身長 184cm
体重 68kg
選手情報
所属 京都雅マイトリーズ
愛称 カナ、カナコ
ポジション MB
指高 235cm
利き手
スパイク 319cm
テンプレートを表示

目次

来歴

中学校1年生よりバレーボールを始める。京都府立北嵯峨高校では、春高バレーにおいて同高初のベスト4進出(3位)に貢献。京都の現役高校生初となる全日本ジュニアのメンバーに選出され、1994年アジアジュニア選手権準優勝を経験した。

1994年、ダイエーオレンジアタッカーズに入団。1997年全日本代表初選出。同年のグラチャンで国際大会に初出場を果たす。319センチの最高到達点に加え、センター・レフトもこなせる身体能力の高さで2度の右ひざ手術を乗り越えて、2004年アテネオリンピックに出場した。2007年、2006-07プレミアリーグではセンターのレギュラーとして、久光製薬スプリングス5年ぶり2度目のVリーグ優勝に貢献。同シーズンの日韓トップマッチ、第56回黒鷲旗大会で3冠を達成した。 同年、2004年以来となる全日本代表に選ばれ、ワールドカップに出場した。

2008年4月、Vリーグ出場試合が230試合となり、2007年にリーグ40回大会を記念し創設された『Vリーグ特別表彰制度』の表彰基準を達成したため、長期活躍選手として特別表彰された。同年5月の北京五輪世界最終予選ではワンポイントブロッカーながら、大事な場面での活躍が光り、2大会連続の五輪出場権獲得に貢献した。同年8月、北京オリンピックに出場した。

2009年9月、京都府教育委員会の教員採用試験を受験し、特別選考枠で採用が内定した。2010年4月より母校の北嵯峨高校に赴任するとともに、 京都府バレーボール協会直轄のクラブチーム「京都雅レディース」(現・京都雅マイトリーズ)にも所属する[2]

2010年3月21日に福井県営体育館で行われた、レギュラーラウンド最終戦岡山シーガルズ第4回戦がラストゲームとなり、大村は途中出場しスパイク1得点を決めた。この試合は、久光製薬スプリングスがセットカウント3-0で勝利した。インタビューでは、キャプテン先野久美子は感極まって涙を流した。試合後、選手・スタッフ・親族から花束が贈呈され、自身の背番号8に因み8回の胴上げが行われた。

球歴・受賞歴

  • 所属チーム履歴
滋野中→京都府立北嵯峨高等学校→ダイエー(オレンジアタッカーズ)(1995-2000年)→久光製薬スプリングス(2000-2010年)→京都雅マイトリーズ(2010年-)
  • 受賞歴
    • 2002年 - 第51回黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会 ベスト6賞
    • 2005年 - 第54回黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会 ベスト6賞
    • 2008年 - 2007-08プレミアリーグ Vリーグ栄誉賞

脚注

  1. ^ 2003年に全日本に招集された時は、同じニックネームを持つ大山加奈がいたためにカナコだった
  2. ^ 黒鷲旗バレー:競技振興へ...京都の取り組み 30日開幕 毎日新聞(2010年4月27日)

関連項目