大村 純庸(おおむら すみつね)は、肥前国大村藩6代藩主。俳人大村蘭台としても知られる。

 
大村純庸
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文10年1月13日1670年3月4日
死没 元文3年5月13日1738年6月29日
改名 伊織・幾之助(幼名)、純庸、蘭台(号)
戒名 崇利了翁日貞元通院
墓所 長崎県大村市本経寺
官位 従五位下伊勢守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家継吉宗
肥前大村藩
氏族 大村氏
父母 大村純長、相沢氏
大村純尹
兄弟 生駒親興正室、純真純尹大田原清勝福田長兼室、純庸西郷寿員、五郎八、
久世広隆正室、堀秀行
諸星氏
吉三郎、純富大村保勝室、純皓
大村富敬室、針尾保納室、虎之助、
大田原友清継室、熊野富包三好富次
テンプレートを表示

生涯編集

1670年(寛文10年)1月13日、第4代藩主・大村純長の四男として生まれる[1]1706年宝永3年)に父が死去すると、家督は異母兄の純尹が継ぎ、純庸は3000石を分与された。やがて純尹の実子が全て早世したため養嗣子となり、1712年正徳2年)に純尹が死去すると家督を継いだ[1]1719年享保4年)5月3日から行き詰まった藩政を立て直すため、地方知行制を蔵米知行制に変更し、年貢増徴を行なっている。

俳号を蘭台と名乗り、1712年(正徳2年)に27回、1720年(享保5年)に40回以上の俳諧興行を行い、陸奥磐城平藩主の内藤義慨や備中松山藩主の安藤信友と並ぶ大名俳人であった[2]。江戸座の俳人の協力を得て、俳諧一枚摺を数多く作成させた[3]1727年(享保12年)閏1月9日、家督を次男の純富に譲って隠居し、以後は俳諧の世界で余生を過ごした。

1738年(元文3年)5月13日に大村の向屋敷で死去した。享年69。法号が元通院祟利了翁日貞大居士[1]

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c 新編大村市史第五巻付録”. 大村市. 2020年6月18日閲覧。
  2. ^ 大村藩の学問・教育、文化、宗教”. 大村市. 2020年6月18日閲覧。
  3. ^ 岡本勝雲英末雄 『新版近世文学研究事典』 おうふう、2006年2月、309頁。