メインメニューを開く

大藤 時彦(おおとう ときひこ、1902年7月16日 - 1990年5月18日)は、日本の民俗学者

目次

来歴編集

山口県生まれ、新潟県古志郡長岡町(現・長岡市[1])育ち。早稲田大学文学部中退。柳田國男に師事、日本民俗学会を設立、代表も務めた。成城大学教授、1973年定年、名誉教授。妻の大藤ゆきも民俗学者。

著書編集

  • 『民俗学覚書』大藤時彦名誉教授頌寿記念会 1973
  • 『柳田国男入門』筑摩書房 1973
  • 『日本民俗学の研究』学生社 1979
  • 『日本民俗学史話』三一書房 1990

共編著編集

脚注編集

  1. ^ 大藤 時彦 プロフィール”. コトバンク. 2018年3月10日閲覧。

参考編集

  • 「民俗学覚書」附載年譜