メインメニューを開く

大里御殿(おおざとうどぅん)は、尚灝王の次男・尚惇、大里王子朝教を元祖とする琉球王族第二尚氏の分家で、王国末期に大里間切(現:南城市大里地区)の按司地頭を務めた琉球王国大名

大里御殿
No image available.svg
光輪六山輪に左三つ巴
本姓 向氏第二尚氏
家祖 大里王子朝教
種別 琉球王族
出身地 琉球王国首里
主な根拠地 琉球王国首里
著名な人物 大里王子朝教
凡例 / Category:日本の氏族

一世・朝教は、尚泰王摂政を務めた。また、『野村工工四』の編集にあたり、序文も書いている。二世・朝要のとき、琉球処分を迎えた。大里御殿は御殿の中では、王国末期に誕生した新しい御殿である。

系譜編集

  • 一世・大里王子朝教
  • 二世・大里按司朝要

参考文献編集

  • 『沖縄県姓家系大辞典』 角川書店、1992年。
  • 宮里朝光(監修)、那覇出版社(編集)『沖縄門中大事典』那覇出版社、1998年(平成10年)。ISBN 978-4890951017
  • 比嘉朝進『士族門中家譜』球陽出版、2005年(平成17年)。ISBN 978-4990245702

関連項目編集