メインメニューを開く

大野 一造(おおの いちぞう, 1885年4月5日1967年3月6日)は、愛知県碧海郡刈谷町(現・刈谷市)出身の技術者実業家政治家。刈谷町会議員、愛知県会議員、刈谷町長、衆議院議員を務めた。刈谷市名誉市民かんばん方式などの「トヨタ生産方式」を築いた大野耐一は息子。

大野 一造
生誕 1885年4月5日
愛知県碧海郡刈谷町(現・刈谷市)
死没 1967年3月6日(1967-03-06)(81歳)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京高等工業学校(現・東京工業大学
職業 技術者実業家政治家

生涯編集

1885年(明治18年)4月5日、愛知県碧海郡刈谷町(現・刈谷市)にて旧刈谷藩士の大野介蔵の長男として生まれた[1]。介蔵は刈谷城本丸隅の十朋亭を隠居家としており、1936年(昭和11年)には十朋亭を刈谷町に売却している。

兵庫県立神戸中学校(現・兵庫県立神戸高等学校)を経て東京高等工業学校(現・東京工業大学)窯業科を卒業[1]南満州鉄道に入社すると、撫順の炭坑付技師を経て満州中央試験所の技師となり、大連耐火煉瓦工場の設立に関与した[1]。1918年(大正7年)には刈谷町に東洋耐火煉瓦(現・クアーズテック)を設立して技師兼工場長を務めた[1][2]。1924年(大正13年)には豊田佐吉が社長を務める豊田紡織の工場を刈谷町に誘致[1]。刈谷が自動車工業都市として飛躍する礎を築いた。1932年には息子の大野耐一が豊田紡織に入社しており、耐一は後にトヨタ自動車工業(現・トヨタ自動車)で副社長を務めた。

一造は刈谷町議会議員、刈谷町長、愛知県議会議員、愛知県議会議長を務める[1]立憲民政党に所属し、1937年(昭和12年)には愛知県第4区から衆議院議員に当選。1942年(昭和17年)には2選を果たした。戦後、公職追放となり[3]、追放解除後の1957年(昭和32年)には豊田自動織機製作所(現・豊田自動織機)社長かつトヨタ自動車工業(現・トヨタ自動車)社長の石田退三とともに、刈谷市初の名誉市民に推挙された[1][4]。1967年(昭和42年)3月6日死去[2]。81歳[2]。同年12月には刈谷市刈谷図書館(現・刈谷市中央図書館)児童室に大野の寄贈による「大野文庫」が設置された[5]

政歴編集

 
今日の刈谷市にあるトヨタ紡織本社
  • 刈谷町議会議員 : 7期25年
  • 愛知県議会議員 : 4期14年
  • 愛知県名誉職参事会員 : 1期1年
  • 愛知県郡部会議長 : 1期2年
  • 愛知県議会議長 : 1期2年
  • 全国道府県議会議長会議議長 : 1回
  • 刈谷町長 : 4期10年(第12代-第15代)
  • 衆議院議員 : 2期9年

出典 : 大野一造『刈谷が市になるまでの発展史』大野一造, 1955年, p.10

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 『市民だより』刈谷市, 2004年1月15日号
  2. ^ a b c 大野一造 デジタル版 日本人名大辞典(コトバンク)
  3. ^ 公職追放の該当事項は「推薦議員」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、491頁。NDLJP:1276156 
  4. ^ 1950年(昭和25年)~1959年(昭和34年) 刈谷市
  5. ^ 図書館の歩み 刈谷市

文献編集

  • 大野一造『刈谷と大野家』大野一造, 1965年
  • 刈谷市編さん編集委員会『刈谷市史』刈谷市, 1990年
  • 『刈谷市民だより』「刈谷人物名鑑」刈谷市, 2004年1月15日号