トヨタ紡織株式会社(トヨタぼうしょく、: TOYOTA BOSHOKU CORPORATION)は、自動車内装品と自動車用フィルターが主力の大手自動車部品メーカー。本社は愛知県刈谷市豊田町1-1に所在。1918年大正7年)1月30日、豊田佐吉により創業された豊田紡織がルーツ。東京証券取引所第一部上場、証券コード3116。

トヨタ紡織株式会社
TOYOTA BOSHOKU CORPORATION
Toyota Boshoku Corporation HQ 120912.jpg
トヨタ紡織本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3116
2000年3月16日上場
名証1部 3116
1950年8月上場
本社所在地 日本の旗 日本
448-8651
愛知県刈谷市豊田町1丁目1番地
設立 1950年昭和25年)5月15日
(民成紡績株式会社)
業種 輸送用機器
法人番号 2180301014324 ウィキデータを編集
事業内容 自動車部品および繊維製品の製造・販売
代表者 豊田周平(代表取締役会長)
沼毅 (代表取締役社長)
資本金 84億円
発行済株式総数 187,665,738株
売上高 連結:1兆4,173億7,600万円
(2019年3月期)
営業利益 連結:612億5,700万円
(2019年3月期)
純資産 連結:3,293億2,900万円
(2019年3月31日時点)
総資産 連結:7,935億9,900万円
(2019年3月31日時点)
従業員数 連結:43,103名
単体:8,259名
(2019年3月31日時点)
決算期 3月31日
主要株主 トヨタ自動車株式会社 39.25%
東和不動産株式会社 9.78%
株式会社デンソー 5.43%
(2016年3月31日現在)
主要子会社 トヨタ紡織九州株式会社 100%
関係する人物 豊田佐吉(創業者)
豊田佐助(元社長)
豊田利三郎(元社長)
大野耐一(元会長)
小山敬(元社長)
好川純一(元社長)
浦西德一(元会長)
外部リンク https://www.toyota-boshoku.com/jp/
テンプレートを表示

概要編集

 
グローバル研修センター(豊田市大林町)
  • 創業者・豊田佐吉が自ら発明した自動織機を使って創めた製織・紡績業が淵源であり、そのため現在でも社名に「紡織」の名がついている。
  • 現在の主力製品はシート骨格・メカ機能や内装用の繊維製品など自動車内装品である。また、羽毛羊毛毛糸などの繊維製品もこの他に手掛けている。
  • 第二次世界大戦中はトヨタ自動車工業に合併されたが、後に民成紡績として分離、その後に豊田紡織、トヨタ紡織と社名を変えた。
  • 三井住友アセットマネジメントが販売するトヨタグループ株式ファンドを構成する会社である。
  • トヨタグループ内では「TB」の略称で表記される。

ロゴマーク編集

Toyota BoshokuのTとBを組み合わせてデザイン。柔らかくかつスピード感あふれるフォルムは、躍動感、ワクワク感を抱かせる トヨタ紡織の未来をイメージしている。

沿革編集

  • 1911年明治44年) - 豊田自働織布工場を新設。
  • 1914年大正 3年) - 豊田自働織布工場から豊田自働紡織工場へと改称。
  • 1918年(大正 7年) - 豊田自働紡織工場を株式会社化し、豊田紡織株式会社を設立(社長:豊田佐吉、常務:豊田利三郎、取締役:藤野亀之助、監査役:児玉一造[1]
  • 1921年(大正10年) - 中華民国上海に株式会社豊田紡織廠を設立。
  • 1923年(大正12年) - 愛知県碧海郡刈谷町に刈谷試験工場(現・刈谷工場)を新設
  • 1931年昭和 6年) - 世界恐慌時の綿業不況に伴う経営合理化のため、豊田佐助菊井紡織株式会社を吸収合併、豊田紡織南工場と改称。
  • 1932年 (昭和 7年) - 刈谷工場に豊田佐吉像建立。
  • 1942年(昭和17年) - 豊田紡織、豊田押切紡織、中央紡織、内海紡織、協和紡織が合併して中央紡績となる(後にトヨタ自動車とも合併)。
  • 1950年(昭和25年) - トヨタ自動車より分離(トヨタ自動車も工販分離)、民成紡績となる。
  • 1964年(昭和39年) - 愛知県名古屋市内にボウリング場を開業。
    • ただし、3年後には紡績業に専念する経営方針を定めたため撤退。
  • 1967年(昭和42年) - 豊田紡織へ社名変更。
  • 1972年(昭和47年) - イグニッションコイルを皮切りに、自動車用シートファブリックなど自動車部品へ進出。
  • 1985年(昭和60年) - 日本電装(当時)から移管を受けたエアフィルターの本格生産を開始。
  • 2000年平成12年)
    • 東証一部に上場。
    • 豊田化工株式会社と合併。
  • 2004年(平成16年) - タカニチ(旧・高島屋日発工業高島屋日本発条系)とアラコ(内装・シート部門)と合併し、トヨタ紡織に社名変更(合併比率はアラコ、タカニチ、豊田紡織で、2.85:21.5:1)。
  • 2005年(平成17年)
  • 2006年(平成18年)
  • 2007年(平成19年)
    • トヨタ紡織ブラジルを設立。
    • トヨタ紡織ミシシッピを設立。
    • トヨタ紡織インディアナを設立
    • 中国地域の統括会社として、豊田紡織(中国)が事業開始(設立は2002年3月)。
  • 2008年(平成20年)
    • トヨタ紡織ユニフォームを設立。
    • 技能系職場の核となる人材の育成を目的として、トヨタ紡織学園を設立。
    • 刈谷工場敷地内にトヨタ紡織基礎研究所を設立。素材科学・バイオ科学・人間工学を研究分野とする。
    • オートモーティブテクノロジーシステムズ(現・トヨタ紡織イリノイ)を設立。
    • トヨタ紡織ソマンを設立。
  • 2009年(平成21年)
    • TBAIポーランドを設立。
    • 富士裾野工場が生産開始。
    • 関東シート製作所を子会社化し、トヨタ紡織東北に社名変更。
    • TBカワシマを設立。
  • 2010年(平成22年)
    • 猿投開発センター2号館を竣工。
    • 長春富維豊田紡織汽車飾件を設立。
  • 2011年(平成23年)
    • 4月 - 上海国際モーターショーに初出展。
    • TBソーテックメキシコを設立。
    • 紡織オートモーティブポーランドを設立。
    • システムズオートモーティブインテリアを設立。
    • 欧州でのデザインスタジオとして、トヨタ紡織ミラノデザインブランチを設立。
  • 2012年(平成24年)
  • 2013年(平成25年)
  • 2015年(平成27年)
  • 2016年(平成28年)
    • 3月 - 紡織オートモーティブヨーロッパ、紡織オートモーティブポーランド、紡織オートモーティブチェコの全株式売却を発表[9]
  • 2019年令和元年)
    • 9月 - マツダ系2社(デルタ工業、東洋シート)とアメリカ合衆国での合弁会社設立を発表[10]

役員編集

歴代社長編集

事業内容編集

国内生産拠点編集

  • 本社/刈谷工場 - 愛知県刈谷市豊田町(旧・豊田紡織)
  • 大口工場 - 愛知県丹羽郡大口町(旧・豊田紡織)
  • いなべ工場 - 三重県いなべ市員弁町大泉(旧・豊田紡織)
  • 木曽川工場 - 愛知県一宮市木曽川町外割田(旧・豊田化工)
  • 堤工場 - 愛知県豊田市若林西町(旧・豊田紡織)
  • 岐阜工場 - 岐阜県岐阜市柳津町(旧・豊田紡織)
  • 猿投工場 - 愛知県豊田市亀首町(旧アラコ)
  • 高岡工場 - 愛知県豊田市大島町(旧タカニチ)
  • 土橋工場 - 愛知県豊田市清水町(旧タカニチ)
  • 藤岡工場 - 愛知県豊田市西中山町(旧タカニチ)
  • 豊橋北工場 - 愛知県豊橋市明海町(旧アラコ)
  • 豊橋南工場 - 愛知県豊橋市明海町(旧タカニチ)
  • 豊橋東工場 - 愛知県豊橋市明海町(旧・豊田紡織)
  • 田原工場 - 愛知県田原市浦町(新工場)
  • 東京工場 - 東京都羽村市神明台(旧タカニチ)
  • 富士裾野工場 - 静岡県裾野市須山(新工場)

非生産拠点 編集

関係会社編集

国内編集

海外編集

北中南米地域編集

中国地域編集

  • 豊田紡織(中国)有限公司(中国上海市):地域統括会社
    • 上海豊田紡汽車部件有限公司(上海市)
    • 成都豊田紡汽車部件有限公司(四川省成都市
    • 豊愛(広州)汽車座椅部件有限公司(広東省広州市
    • 広州桜泰汽車飾件有限公司(広東省広州市)
    • 河源豊田紡織汽車部件(広東省河源市
    • 崑山豊田紡汽車部件有限公司(江蘇省
    • 寧波豊田紡織汽車部件有限公司(浙江省
    • 天津豊愛汽車座椅部件有限公司(天津市
    • 天津英泰汽車飾件有限公司(天津市)
    • 天津華豊汽車装飾有限公司(天津市)
    • 天津豊田紡汽車部件有限公司(天津市)
    • 長春富維豊田紡織汽車飾件有限公司(吉林省長春市
    • 佛山豊田紡織汽車零部件有限公司(広東省)
    • 瀋陽豊田紡織汽車部件有限公司(遼寧省瀋陽市
    • 青島英聯精密模具有限公司(山東省青島市
    • 川島織物(上海)有限公司(上海市)

アジア・オセアニア地域編集

欧州・アフリカ地域編集

提携関係編集

以下は関係会社の共同出資などを行っている会社である。

国内編集

海外編集

広告協賛編集

スポーツ活動編集

脚注編集

  1. ^ 第2項 豊田紡織株式会社の設立トヨタ自動車
  2. ^ 【北京ショー】トヨタ紡織が初出展、移動空間モデルなどを出品TechOn
  3. ^ 新型「クラウン」のハイブリッドシステム、モーターコアはトヨタ紡織が供給 - MONOist・2013年2月1日
  4. ^ 北陸新幹線の最高級座席にトヨタ車の技術 鉄道で初採用 - SankeiBiz(2013年4月16日)
  5. ^ トヨタ紡織、BMWからシート初受注-樹脂骨格のEV向け
  6. ^ トヨタ紡織、企業内託児所を開設
  7. ^ トヨタ紡織が航空機シート 全日空が共同開発、6月から使用
  8. ^ 2015年11月1日付組織変更および人事異動について~競争力強化に向けたシート骨格機構部品事業集約~
  9. ^ トヨタ紡織、欧州における事業再編~内装事業の一部売却とコア事業で合弁会社を設立~
  10. ^ 「トヨタ紡織、マツダ系2社と米に共同出資会社」日本経済新聞ニュースサイト(2019年9月3日)2019年11月14日閲覧
  11. ^ かつては金曜日もスポンサーだった。

関連項目編集

外部リンク編集