大門 宏(だいもん ひろし、1962年2月16日[1] - )は、石川県出身の元自転車競技ロードレース)選手、自転車競技指導者。現在はTEAM NIPPO-PROVENCE-PTS CONTI(SUI)の監督。日本を代表する名選手・名監督として知られている。

大門宏
Hiroshi Daimon
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 大門 宏
だいもん ひろし
生年月日 (1962-02-16) 1962年2月16日(59歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 173cm
体重 60kg
チーム情報
所属 NIPPO CORPORATION
分野 ロードレース
役割 GM/DS
グランツール最高成績
最終更新日
2011年1月5日

来歴編集

選手時代編集

中京大学時代にはインカレ(全日本大学対抗選手権自転車競技大会)で連覇[2]を果たし、1984年シマノレーシングに加入。しかし1985年8月12日日本航空123便が御巣鷹の尾根に墜落した事故で、辻昌憲が死亡した影響を受けて、同チームを離れることを決意。1986年より、スイスを拠点とするチームに移籍した[3]。それ以降、南スイスを拠点にスイスのチームで長年活躍する。

1990年は、スイスのMAVIC-GITANE・VC LUGANOで活動するが、日本で結成された最初の本格的なプロチームEPSON BOSCOにも所属した。

1991年、スイスのMAVIC GITAN-TICINO VITAに所属しながら、日本鋪道に加入。日本のレースでも走るようになり、圧倒的な成績を残す。同年の全日本選手権で優勝、トラックレース世界選手権・アマポイントレースで6位(この種目で日本人初の入賞)に入る。1992年バルセロナオリンピックでもポイントレースに出場し11位。 また、ヨーロッパで日本のナショナルチームを結成、イタリアを中心としたレースで好成績を残した。

1994年に日本鋪道専属となり、1995年選手兼任監督に就任。[4]

監督時代編集

日本鋪道選手兼任監督を経て、1996年より同チームのGM/監督専任となる。[5]。 チームNIPPOは大門の下でアジアでもトップクラスの成績を誇るチーム(UCIアジアツアーのチームランキング1位)へと成長した。また、全日本ナショナルチームの監督もしばしば引き受け、指揮をとる。

2007年には、浅田顕と共にNIPPOコーポレーション・梅丹本舗・エキップアサダの監督をも務めた。

2010年には若手育成のため、ベルギーチームユーラシア・ムセウバイクスを発足させた。このチームには元世界チャンピオンのヨハン・ムセウがアドバイザーとして加わっている。[6]

人物編集

日本きってのヨーロッパ通であり、エキップアサダ代表の浅田顕らと共に日本のロード界のため長年尽力してきたことで知られている。現在、トップシーンで活躍する日本人選手に、大門の世話になっていない選手はいない、と言われるほど地道に日本と世界の橋渡しを行っている。[7]

大門の導きにより、スタッフ、選手、メディア、関係企業にいたるまで、多くの自転車関係者が世界へと進出している。自分のキャリアとして残らないようなことでも、日本の自転車競技界の為と思えばそこに手を差し伸べるような、影で暗躍するタイプの人物だと、元選手で現チームユーラシア監督の橋川健は評した。[8]

一見怖そうで、J SPORTS等の解説でもムスッとしているが、実は意外と優しく、面倒見が良く、選手からの信頼も厚い。自分の事よりも、常にチーム、選手の事を考えている[9]

尊敬する監督はシマノレーシング時代の辻昌憲[10]

脚注編集