メインメニューを開く

大阪府立臨海スポーツセンター(おおさかふりつりんかいスポーツセンター)は、大阪府高石市にある体育館である。

大阪府立臨海スポーツセンター
RINSPO-of-Takaishi001.JPG
施設情報
愛称 りんスポ
用途 屋内スポーツ
設計者 槇文彦
建築主 大阪府
事業主体 大阪府
管理運営 南海ビルサービス株式会社
構造形式 鉄筋鉄骨コンクリート造(一部鉄骨造)
敷地面積 25,695m²
建築面積 10,543m²
延床面積 12,381m²
階数 地上4階、地下2階
着工 1971年3月
竣工 1972年6月
所在地 592-0006
大阪府高石市高師浜丁6-1
位置 北緯34度31分43.5秒
東経135度25分44.3秒

概要編集

1971年3月着工、1972年6月竣工[1]。もともと堺泉北臨海工業地帯の労働者の健康増進や娯楽機会の提供の目的で造られた。屋内スポーツの大会にも使用される二つの体育室と通年営業のアイススケート場からなる。

開館当初は財団法人大阪府スポーツ・教育振興財団が管理運営していたが、2006年4月からは南海グループが指定管理者として管理に当たっている[1]

2008年に大阪府知事に就任した橋下徹が大阪府の行財政改革の一環で、臨海スポーツセンターを廃止してなみはやドームへ統合する方針が打ち出された[2]が、橋下の後任知事となった松井一郎が改修費の半額を集めることを存続の条件として提示、「臨海スポーツセンター支援の会」がその額となる1億5,000万円を寄付金として集め、2013年2月14日に同センターを練習拠点として使用していたフィギュアスケート選手の高橋大輔を通じて寄付金が手渡され[3]、存続が決定した。寄付金のうち1億3000万円は匿名の寄付者によるものであった[4]

施設編集

  • 第一体育室 - 1,555m2
  • 第二体育室 - 1,088m2
  • アイススケート場(第三体育室) - 1,593m2
  • 会議室

交通アクセス編集

脚註編集

外部リンク編集