天石門別神(あまのいわとわけのかみ)は、日本神話に登場するである。大伴連の祖神。

天石門別神

神祇 天津神
全名 天石門別安国玉主命
別名 天石門別安国玉主命、玉主命、大国栖玉命、大刀辛雄命、櫛石窓神、豊石窓神、天石都倭居命
神格 御門
天雷命
天押日命許登能麻遅媛命
神社 朝椋神社九頭神社天石門別神社
関連氏族 大伴連丸子連佐伯連日奉連
テンプレートを表示

概要編集

古事記』の天孫降臨の段に登場する。邇邇芸命が天降る際、三種の神器常世思金神天手力男神・天石門別神を添えたと記され、同段で天石戸別神は又の名を櫛石窓神(くしいわまどのかみ)、豊石窓神(とよいわまどのかみ)といい、御の神であると記されている。天孫降臨の段に登場する神の多くはその前の岩戸隠れの段にも登場しているが、この神は岩戸隠れの段には見えない。

天石門別神は古来より天皇の宮殿の四方の門に祀られていた神である。神祇官の西院では御門巫祭神として祀られて式内社とされていた。 天太玉神の子ともいう。

系譜編集

『古屋家家譜』によると、大伴氏の祖・高皇産霊尊の子である安牟須比命の3世孫に天石門別安国玉命(あめのいわとわけやすくにたま)がいるとされ、同系譜では、天石門別安国玉主命大国栖玉命大刀辛雄命(たちからお)の別名があるとされる。『尊卑分脈』では、興台産霊命中臣氏祖)が王主命の許登能床遅媛命を娶り生む所の者が天児屋根命だと記されており、正しくは「玉主命の女、許登能麻遅媛命」と考えられる[1]。これらから、天石門別神の実体は天手力男神と考えられる[2]

『斎部宿禰本系帳』では天背男命の別名に明日名門命と天石門別命を掲げているが[3]、実際に天背男命の別名は明日名門命だけとされる[4]

祀る神社編集

天石門別神(櫛石窓神・豊石窓神)を祀る神社に天岩門別神社岡山県美作市)、櫛石窓神社兵庫県丹波篠山市)、大祭天石門彦神社島根県浜田市)、天岩戸神社京都府福知山市)、天石立神社奈良県奈良市)、大谷神社高知県香美市)、天石門別神社茨木神社奥宮)(大阪府茨木市)などがある。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 中臣氏族の遠祖と武甕槌神」『古樹紀之房間』、2007年。
  2. ^ 宝賀寿男「中臣氏一族の系図(試案)」『古代氏族の研究⑤ 中臣氏 卜占を担った古代占部の後裔』、青垣出版、2014年。
  3. ^ 「斎部宿禰本系帳」『安房忌部家系』、松平家蔵書印。
  4. ^ 宝賀寿男「天皇氏族の系図(試案)」『古代氏族の研究⑬ 天皇氏族 天孫族の来た道』、青垣出版、2018年。

参考文献編集

  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年

関連項目編集