メインメニューを開く

太陽はひとりぼっち』(たいようはひとりぼっち、イタリア語: L'eclisse / 英語: The Eclipse)は、1962年(昭和37年)製作・公開のイタリアフランス合作映画である。

太陽はひとりぼっち
L'eclisse
L'eclisse (1962) - 1.jpg
監督 ミケランジェロ・アントニオーニ
脚本 ミケランジェロ・アントニオーニ
トニーノ・グエッラ
エリオ・バルトリーニ
製作 ロベール・アキム
レーモン・アキム
出演者 アラン・ドロン
モニカ・ヴィッティ
音楽 ジョヴァンニ・フスコ
主題歌 ミーナ
撮影 ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ
編集 エラルド・ダ・ローマ
配給 フランスの旗 CFDC
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 イタリアの旗 1962年4月12日
フランスの旗 1962年5月2日
日本の旗 1962年12月19日
上映時間 118分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
英語
テンプレートを表示

目次

概要編集

この作品は、大人の愛の不毛を描いたミケランジェロ・アントニオーニ監督の「愛の不毛三部作」と呼ばれる作品群の『』に続く第三作。主題曲は、モーリス・ルクレール楽団版とコレット・テンピア楽団ヌーベル・マリーエ楽団ベンチャーズ版と多くのバージョンがある。

1962年度カンヌ映画祭審査員特別賞受賞。

ストーリー編集

婚約者と別れたばかりのヴィットリア(モニカ・ヴィッティ)。証券取引所[注釈 1]にいる投資家の母はしかし、彼女の話を聞こうとはしない。女友達のアパートでふざけたり、その夫の操縦するセスナに乗ったりと気分転換を図るも、別離の後の倦怠感は消える様子を見せない。取引所では株が暴落し、ヴィットリアの母は今にも自殺せんばかりだ。そんな中ヴィットリアは、以前からたびたび見かけていた仲買所に勤めるピエロ(アラン・ドロン)と親密になり、新しい愛を始めようとする。しかし、実は何も変化が起こっていないように、無常に日々は流れていくのだった。

スタッフ編集

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替(テレビ版、初回放送1967年12月21日 東京12ch[2]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ローマ証券取引所(Borsa di Roma[1]

出典編集

  1. ^ L'eclisse - l'eco del Nulla
  2. ^ 再放送1973年5月9日『水曜ロードショー

関連事項編集

外部リンク編集