メインメニューを開く

太陽節

朝鮮民主主義人民共和国の祝日。日付は4月15日。
金日成主席

太陽節(たいようせつ、: 태양절)は、朝鮮民主主義人民共和国祝日の一つ。日付は4月15日

概要編集

日本統治下朝鮮半島満州抗日活動を行い、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の建国指導者・初代最高指導者であった金日成主席誕生日1912年4月15日を祝うことを趣旨としている。「太陽」は北朝鮮国内において金日成主席を指す言葉でもある。

『父なる主席の革命生涯と不滅の業績を末永く輝かせるため』として、主席逝去3周年である1997年7月8日朝鮮労働党中央委員会朝鮮労働党中央軍事委員会共和国国防委員会共和国中央人民委員会共和国政務院の5機関が共同の決定書を発表し、主体暦とともに制定された。太陽節当日は各地で盛大に祝賀関連行事が催され、人民には食糧などの特別配給が施される。太陽節の前後には国内外の芸術家が参加する芸術祭「4月の春親善芸術祝典」「4月の春人民芸術祝典」も開催される。

なお、2012年の太陽節で主席生誕100周年を迎えた。

外部リンク編集