メインメニューを開く

朝鮮労働党中央軍事委員会

朝鮮労働党中央軍事委員会(ちょうせんろうどうとうちゅうおうぐんじいいんかい、朝鮮語:조선로동당 중앙군사위원회)は、朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)の指導政党である朝鮮労働党の最高軍事機関である。

朝鮮労働党中央軍事委員会
各種表記
ハングル 조선로동당 중앙군사위원회
漢字 朝鮮労働党中央軍事委員会
発音 チョソルロドンダンチュンアングンサウィウォヌェ
日本語読み: ちょうせんろうどうとうちゅうおうぐんじいいんかい
英語表記: Central Military Commission of the Workers' Party of Korea
テンプレートを表示

本委員会は朝鮮労働党規約第27条に規定されており、同国の軍事組織である朝鮮人民軍及び同国全ての武力組織を掌握している[1]。中央軍事委員会委員長は、同党委員長で同国国務委員長金正恩

目次

職責編集

朝鮮労働党規約第27条に「中央軍事委員会は、同国の軍事政策についての討論決定,朝鮮人民軍の領導、軍需産業の開発,軍事力の統率を行う。」と規定されている[1]。しかし、金正日政権下では同国の国家機関である国防委員会によって重要な軍事政策が決定されるようになったため、存在感が低下していた。一方後継の金正恩政権下では対照的に権限を拡大し、朝鮮労働党の中核的な組織となっている[2]

沿革編集

委員構成編集

※2016年6月29日(第13期最高人民会議第4回会議終了)時点[6][7][8]
※2017年10月7日(朝鮮労働党第7次大会第2回総会終了)時点で変更された人物も追加して記載する[9]

  • 委員長
  • 委員
    • 黄炳瑞 - 朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会副委員長、朝鮮人民軍総政治局長、朝鮮人民軍次帥
    • 朴奉珠 - 朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会副委員長、朝鮮民主主義人民共和国内閣総理
    • 朴永植 - 朝鮮労働党中央委員会政治局委員、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員、人民武力部長、朝鮮人民軍大将
    • 李明秀 - 朝鮮労働党中央委員会政治局委員、朝鮮人民軍総参謀長、朝鮮人民軍次帥
    • 金英哲 - 朝鮮労働党中央委員会政治局委員、朝鮮労働党中央委員会副委員長、同党中央委員会統一戦線部長、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員
    • 李萬建 - 朝鮮労働党中央委員会政治局委員、朝鮮労働党中央委員会軍需工業部長、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員
    • 金元弘 - 朝鮮労働党中央委員会政治局委員、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員、国家安全保衛部長、朝鮮人民軍大将
    • 崔富日 - 朝鮮労働党中央委員会政治局委員、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員、人民保安部長、朝鮮人民軍大将
    • 金慶玉 - 朝鮮労働党中央委員会組織指導部第一副部長、朝鮮人民軍大将
    • 李永吉 - 朝鮮労働党中央委員会政治局委員候補、朝鮮人民軍上将(のち大将に昇進)
    • 徐洪燦 - 人民武力部第一副部長、朝鮮人民軍後方総局長、朝鮮人民軍上将

以下は朝鮮労働党第7次大会第2回総会で補選された人物

  • 委員
    • 崔龍海 - 朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員、朝鮮労働党中央委員会副委員長、朝鮮労働党中央委員会組織指導部長、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会副委員長
    • 李炳鉄 - 朝鮮労働党中央委員会政治局委員候補、朝鮮労働党中央委員会第一副部長(部署不明)
    • 鄭敬沢(チョン・ギョンテク) - 朝鮮労働党中央委員会政治局委員候補、国家保衛相
    • 張吉成(チャン・ギルソン) - 朝鮮労働党中央委員会中央委員候補、朝鮮人民軍偵察総局長、朝鮮人民軍上将

注脚編集

関連項目編集