メインメニューを開く

奈良 俊幸(なら としゆき、1962年4月15日 - )は、日本政治家福井県越前市長(4期)。

奈良俊幸
なら としゆき
生年月日 (1962-04-15) 1962年4月15日(57歳)
出生地 日本の旗 福井県武生市(現越前市
出身校 早稲田大学政治経済学部
所属政党 無所属
公式サイト 市長の部屋 < 越前市

当選回数 4回
在任期間 2005年11月6日 - 現職

当選回数 1回
在任期間 2005年5月28日 - 2005年9月30日

選挙区 武生市選挙区
当選回数 4回
在任期間 1991年 - 2005年
テンプレートを表示

福井県武生市長(1期)、福井県議会議員(4期)を務めた。

概要編集

福井県武生市(現越前市)生まれ。福井県立武生高等学校を経て[1]1985年早稲田大学政治経済学部を卒業。大学卒業後は松下政経塾に入塾(第6期生)。同期生には自由民主党衆議院議員河井克行がいる。1990年、松下政経塾を卒塾。

1991年福井県議会議員選挙に武生市選挙区から出馬し、当時最年少の28歳で初当選した。以後、2005年まで4期14年間、福井県議を務め、通算55回の県議会では一度も休まず、代表質問や一般質問に立ち続けた。

2005年、県議を4期目の任期途中で辞職。武生市長選挙に無所属で出馬し、当選した。同年5月28日に武生市長に就任する[2]が、10月1日に武生市・今立町の合併により越前市が誕生し、これに伴い武生市長を自動失職する。11月の越前市長選挙では、新人2候補を破り、初代越前市長に選出された。2009年越前市長選挙では、現職の奈良以外に立候補者がおらず、無投票で再選。2013年越前市長選挙では8年ぶりに選挙戦が行われたが、現職の奈良が新人候補を大差で破り、3選。2017年越前市長選挙で4選。

脚注編集

外部リンク編集

公職
先代:
(創設)
  福井県越前市長
初代:2005年 -
次代:
(現職)
公職
先代:
三木勅男
  福井県武生市長
2005年 - 2005年
次代:
越前市に