メインメニューを開く

奈良県道・三重県道783号土屋原飯高線

日本の奈良県と三重県の道路

奈良県道・三重県道783号土屋原飯高線(ならけんどう・みえけんどう783ごう つちやはらいいたかせん)は奈良県宇陀郡御杖村から三重県松阪市に至る一般県道である。県境の請取峠付近は未舗装狭隘道路となっており、乗用車での通行は困難である。

一般県道
奈良県道783号標識
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
三重県道783号標識
奈良県道・三重県道783号土屋原飯高線
奈良県道239号土屋原飯高線
(旧称)
路線延長 5,707m
陸上区間 5,707m
海上区間 0m
制定年 1966年昭和41年)
起点 奈良県宇陀郡御杖村土屋原
終点 三重県松阪市飯高町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0369.svg国道369号


Japanese National Route Sign 0166.svg国道166号

テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

路線データ編集

  • 起点:奈良県宇陀郡御杖村土屋原(国道369号交点)
  • 終点:三重県松阪市飯高町波瀬(国道166号交点)
  • 総延長:5,707m
  • 重複区間:なし
  • 車線:1車線(中央線なし)

歴史編集

1966年昭和41年)、6月17日に奈良県が、7月5日に三重県が路線認定。

地理編集

通過する自治体編集

  • 奈良県宇陀郡御杖村 - 三重県松阪市

接続する道路編集

沿線編集

奈良県側

三重県側

  • 太良木川
  • 松阪市役所飯高地域振興局波瀬出張所

参考資料編集

関連項目編集

外部リンク編集