メインメニューを開く

奈須 伸也(なす しんや、1978年12月29日 - )は大阪府大阪市出身の元サッカー選手。

奈須 伸也 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナス シンヤ
ラテン文字 NASU Shinya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-12-29) 1978年12月29日(40歳)
出身地 大阪府大阪市
身長 181cm
体重 72kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2007 日本の旗 ヴァンフォーレ甲府 111 (6)
2008 日本の旗 FC岐阜 34 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2009年5月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

略歴編集

三人兄弟の末っ子として奈須家に誕生。歳の離れた兄姉がいる。小さい頃から運動神経は抜群であったが、あまり勉強をしないため両親が心配することもあった。『僕は運動で一番になるから、勉強しろとは言わんといて。』と宣言し、両親を唖然とさせたという。 母親が営む飲食店『奈須亭』(現在は閉店)は彼の憩いの場であったが、奈須が甲府で活躍しはじめると、山梨から甲府サポが訪れ、奈須の両親とサッカー談義に花を咲かせた。コアサポのみが知る伝説の聖地となっている。

小学生のときは野球少年であったが、6年生の時に地元にサッカーチームができたため入部。遊び程度しかサッ カー経験がなかったため、苦労したという。

高校時代はキャプテンで10番。特筆した成績は収められなかったものの、大阪選抜として国体に出場している。羽地登志晃喜多靖とはその時のチームメートである。

2005年シーズン後半から中盤の底でレギュラーに定着。攻撃の要である藤田健倉貫一毅を支え、攻守のバランスをとることに腐心した。敵陣奥深くのスローインの際には、ロングスローでチャンスを作る。ブラジルへの留学経験を持ち、ポルトガル語に堪能である。2006年林健太郎加入(2006年チームMVP)に加え、大木監督が復帰した鶴見智美を重用したことにより、出場機会が大幅に減少し、2007年オフ、チームより戦力外通告を受ける。山日新聞での掲載記事によると、甲府最後の練習日には練習場に駆け付けた奈須や長谷川太郎との別れを惜しむファンに丁寧に色紙等にサインをし、別れを告げたという。2008年よりFC岐阜に移籍し、主に左SBでの出場で貢献したが、同シーズン限りで退団。2009年5月にブログで現役引退を発表した。 ブログにて退団の経緯、チーム運営に関する複雑な心境をほのめかしていたが、残留選手やスタッフの心情を考慮してか、憶測を呼ばないよう記述は控えていた。 現役引退後は大阪に本社を構えるコンサルティング会社に勤務している。

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1997 佐川大阪 関西 -
1998 -
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1999 プリマベーラ
2000
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2001 大阪セントラル -
2002 -
2002 甲府 28 J2 28 4 - 3 0 31 4
2003 37 1 - 0 0 37 1
2004 11 0 - 1 0 12 0
2005 31 1 - 1 0 32 1
2006 6 J1 4 0 4 0 1 0 9 0
2007 0 0 0 0 0 0 0 0
2008 岐阜 J2 34 0 - 2 0 36 0
通算 日本 J1 4 0 4 0 1 0 9 0
日本 J2 141 6 - 7 0 148 6
日本 関西 -
日本 -
ブラジル
総通算

その他の公式戦

代表歴編集

  • 2002年 フットサル日本代表

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集