2005年のJリーグ

Jリーグ > 2005年のJリーグ

2005年シーズンのJリーグはJ1リーグ、J2リーグ共に2005年3月5日に開幕、12月3日に閉幕した。J1リーグでの優勝クラブはガンバ大阪、J2リーグでの優勝は京都パープルサンガであった。

2005年のJリーグ
J1
期間 2005年3月5日 - 12月3日
優勝 ガンバ大阪
降格 柏レイソル
東京ヴェルディ1969
ヴィッセル神戸
J2
期間 2005年3月5日 - 12月3日
昇格 京都パープルサンガ
アビスパ福岡
ヴァンフォーレ甲府
ヤマザキナビスコカップ
2004
2006

目次

J1編集

2005年シーズンのJ1は、前年のJ1に参加した16クラブにJ2から昇格した大宮アルディージャ川崎フロンターレを加えた18クラブ(前年から2クラブ増)により行われた。なお、このシーズンからジェフユナイテッド市原がクラブ名をジェフユナイテッド市原・千葉(呼称は「ジェフユナイテッド千葉」)に変更した。

チーム
出場権または降格
1 ガンバ大阪 (C) 34 18 6 10 82 58 +24 60 ACL2006グループステージの出場権を獲得 
2 浦和レッズ 34 17 8 9 65 37 +28 59
3 鹿島アントラーズ 34 16 11 7 61 39 +22 59
4 ジェフユナイテッド千葉 34 16 11 7 56 42 +14 59
5 セレッソ大阪 34 16 11 7 48 40 +8 59
6 ジュビロ磐田 34 14 9 11 51 41 +10 51
7 サンフレッチェ広島 34 13 11 10 50 42 +8 50
8 川崎フロンターレ 34 15 5 14 54 47 +7 50
9 横浜F・マリノス 34 12 12 10 41 40 +1 48
10 FC東京 34 11 14 9 43 40 +3 47
11 大分トリニータ 34 12 7 15 44 43 +1 43
12 アルビレックス新潟 34 11 9 14 47 62 −15 42
13 大宮アルディージャ 34 12 5 17 39 50 −11 41
14 名古屋グランパスエイト 34 10 9 15 43 49 −6 39
15 清水エスパルス 34 9 12 13 40 49 −9 39
16 柏レイソル (R) 34 8 11 15 39 54 −15 35 J1・J2入れ替え戦 2005
17 東京ヴェルディ1969 (R) 34 6 12 16 40 73 −33 30 J2 2006へ降格 
18 ヴィッセル神戸 (R) 34 4 9 21 30 67 −37 21

最終更新は2005年12月3日の試合終了時
出典: J. League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.
.

J2編集

2005年シーズンのJ2は、日本フットボールリーグから昇格したザスパ草津徳島ヴォルティスを加えた12クラブにより行われた。

チーム
出場権または降格
1 京都パープルサンガ (C) (P) 44 30 7 7 89 40 +49 97 J1 2006へ昇格 
2 アビスパ福岡 (P) 44 21 15 8 72 43 +29 78
3 ヴァンフォーレ甲府 (P) 44 19 12 13 78 64 +14 69 J1・J2入れ替え戦 2005
4 ベガルタ仙台 44 19 11 14 66 47 +19 68
5 モンテディオ山形 44 16 16 12 54 45 +9 64
6 北海道コンサドーレ札幌 44 17 12 15 54 57 −3 63
7 湘南ベルマーレ 44 13 15 16 46 59 −13 54
8 サガン鳥栖 44 14 10 20 58 58 0 52
9 徳島ヴォルティス 44 12 16 16 60 76 −16 52
10 水戸ホーリーホック 44 13 13 18 41 57 −16 52
11 横浜FC 44 10 15 19 48 64 −16 45
12 ザスパ草津 44 5 8 31 26 82 −56 23

最終更新は2005年12月3日の試合終了時
出典: J.League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

入れ替え編集

J1→J2編集

J1リーグ17位の東京ヴェルディ1969、18位のヴィッセル神戸がJ2へ自動降格した。

J2→J1編集

J2リーグ優勝の京都パープルサンガと2位のアビスパ福岡がJ1へ自動昇格した。

入れ替え戦編集

J1リーグ16位の柏レイソルとJ2リーグ3位のヴァンフォーレ甲府J1・J2入れ替え戦に臨んだ。

2戦合計スコアが8-3となり、ヴァンフォーレ甲府のJ1昇格、柏レイソルのJ2降格が決定した。

表彰編集

受賞者(所属クラブ)
最優秀選手賞   アラウージョガンバ大阪
得点王   アラウージョガンバ大阪
新人王   カレン・ロバートジュビロ磐田
フェアプレー個人賞   茂庭照幸FC東京
  大黒将志ガンバ大阪
最優秀監督賞   西野朗ガンバ大阪
優秀主審賞   松村和彦
優秀副審賞   柴田正利
Jリーグベストピッチ賞 埼玉スタジアム2002
功労選手賞   ビスマルク
功労賞   レスリー・モットラム
功労特別賞   イビチャ・オシムジェフユナイテッド市原・千葉
  小林伸二セレッソ大阪
Join賞
(チェアマン特別賞)
「神達彩花ちゃんを救う会」の募金活動を支援した全てのサポーター

ベストイレブン編集

ポジション 選手名 受賞回数 所属クラブ
GK   吉田宗弘 セレッソ大阪
DF   ストヤノフ ジェフユナイテッド市原・千葉
DF   闘莉王 2 浦和レッドダイヤモンズ
DF   中澤佑二 4 横浜F・マリノス
MF   小笠原満男 5 鹿島アントラーズ
MF   阿部勇樹 ジェフユナイテッド市原・千葉
MF   フェルナンジーニョ ガンバ大阪
MF   遠藤保仁 3 ガンバ大阪
MF   古橋達弥 セレッソ大阪
FW   アラウージョ ガンバ大阪
FW   佐藤寿人 サンフレッチェ広島

記録編集

  • J1リーグ通算10,000ゴール
前田雅文(ガンバ大阪 2005年5月8日 - 第11節vs名古屋グランパスエイト・万博記念競技場
バレー(ヴァンフォーレ甲府 2005年12月10日 - J1・J2入れ替え戦第2戦vs柏レイソル・日立柏サッカー場
  • J1リーグ連続無敗試合(タイ記録)
16試合(セレッソ大阪、2005年J1第19節vs清水エスパルス - 第34節vsFC東京、10勝6分)
1998年-1999年の鹿島アントラーズに次いで2度目

その他編集

編集


関連項目編集